98ce8412659d82181c4e7756c600be99_s

あなたは多重人格を信じますか?


私はちょうど、海外ドラマのクリミナルマインドを視聴しています。そして、このドラマでは、異常犯罪について、とりあげているんですが、その中で、何話か多重人格についてとりあげています。


本人は決して犯罪を犯すような人間ではないんですが、別の人格が人を殺めてしまうというものです。ある話では、自分の妻が突然、消失します。そして、その後は、娘が消えます。


実は、別人格の自分が二人を殺めてしまっていたというものです。自分以外の人間が行動をしてしまうというのは、とても恐ろしい事です。


何しろ、自覚がないのですから。他にもファイトクラブなどでも、同じような話をとりあげていますよね。


そして、身の回りに多重人格の人間なんて出会った事がないので、ドラマの中の世界だと思っていましたが、日本で起きた事件でももしかすると、多重人格による犯罪があったかもしれません。


それに関するニュース記事がこちらです。

「声優のアイコ」法廷で「どう謝ったらいいかわからない」



そして、記事によると、「声優のアイコ」と名乗る女による昏睡強盗事件の裁判で、被告は涙を流しながら、「事件の記憶がないので被害者にどう謝ったらいいかわからない」と話したそうです。


以下は記事の抜粋です。
「声優のアイコ」を名乗っていた無職の神いっき被告(33)は、5件の昏睡強盗事件について、起訴内容を認める一方、「自分の中の別人格がやった」と主張しています。

 31日の被告人質問で、神被告は涙を流しながら、「申し訳ないことをしたと思うが記憶がないためいまだに実感が持てず、被害者にどう謝ったらいいかわからない」などと話しました。

 さらに逮捕後に神被告が出産した子供については、「すぐに迎えに行けなくてごめんなって思っています。一方で、自分は親がいることが苦しかった」と複雑な心境を吐露しました。

 神被告の母親は傍聴席で、時折、涙を拭いながら被告人質問を聞いていました。

ちなみに、俳優志望で映画にも出演しているようです。性同一障害で、男性になろうとしていたそうです。そういった複雑な状況が別の人格を作り出してしまったのかもしれないですね。


---
2017/03/22 追記

この西友のアイコについに判決がでました。

以下はニュース記事です。

「声優のアイコ」に懲役15年求刑=弁護側「別人格が犯行」―東京地裁


記事によると、「声優のアイコ」と名乗る女による連続昏睡(こんすい)強盗事件で、昏睡強盗などの罪に問われた無職神いっき被告(33)の論告求刑公判が22日、東京地裁(石井俊和裁判長)であり、検察側は懲役15年を求刑したとのこと。

弁護側は「別人格による犯行だ」と述べ、無罪を主張し結審した。判決は4月28日。
 神被告は、公判の途中から別人格の存在を示唆し、地裁は精神鑑定を実施。犯行時に解離性同一性障害(多重人格)だったとする内容と、否定する診断結果が提出された。
 検察側は論告で「普段は男性として生活していたが、犯行時は女性の格好をしており、巧妙で悪質だ」と主張した。

多重人格が疑われましたが、鑑定の結果はクロでした。 
 
 弁護側は「被告に犯行時の記憶はなく、責任能力はない」と訴えた。
 最終意見陳述で神被告は「全部俺が悪い。被害に遭われた方に大変申し訳ない」と涙ながらに謝罪した。
 起訴状によると、神被告は2013〜14年、男性5人に睡眠薬入りの酒などを飲ませ、現金や腕時計を奪ったとされる。 

 以前、クリミナルマインドで多重人格についての話がありましたが、実際に多重人格って存在するんですかね。興味不快ニュースでしたが、こういった結果に。