medium_6026772862

以前の現場で、すべてLinuxで稼働するシステムがあったんですが、そこで、私がLinuxが詳しくない事から誤った情報を教えられた事があったのですが、Linuxのセキュリティソフト不要という話。


Linuxは基本的にセキュリティソフトはインストールしないなんて教わった事があります。


当時はそうなんだ~と思いましたが、Linuxだからいらないなんて都市伝説です。無知はリスクを生むことがありますが、まさに今回もその典型です。


ネットワーク的に隔離されている場合などは、必ず入れろまではいいませんが、入れておいて損はないでしょう。DBなどはパフォーマンスが落ちるから入れたくないというエンジニアも多いですが。


例えば、DB部分はおいておいて、OS部分くらいは検査対象しておいてもいいと思いますね。


そして、Linuxに限らず、セキュリティソフトがいらないと言われるのはMacですが、これはMacにも同じことが言えますね~。


昔、MacはWindowsのように利用者が少ないからウイルスにかかる事がないと言われましたが、そんな事はありません。Windowsと同様にしっかりとウイルス対策をしなければなりません。


例えば、こんなニュース記事があります。

Macにもセキュリティソフトが必要


記事によると、Malwarebytesは3月8日(米国時間)、「Mac security facts and fallacies - Malwarebytes Labs|Malwarebytes Labs」において、Macが十分なセキュリティ機能を備えており、別途セキュリティソフトウェアをインストールする必要がないというのは誤解だと伝え、Macユーザーもセキュリティソフトウェアを導入するなどして、迷惑なソフトウェアやマルウェアに対処するほうがよいと指摘しているとあります。


実際に、Macでもウイルスに感染したという事例がありますし、企業でも使っているシーンをよく見ます。攻撃者からしたらwindowsユーザのほうが多いから、利益を得やすいほうを狙っている割合が多いだけで、Macは大丈夫というわけではありません。

MacはWindowsに比べ、サイバー攻撃の対象やマルウェアの感染対象となることが少ないと言われている。その理由について、Malwarebytesは「Macのセキュリティ機能が優れているからとされてきたが、そこにはいくつか誤解がある」と説明。セキュリティ機能の改善を続けてきたWindowsはすでにMacと同レベルの機能を提供しており、どちらがセキュアであるとは言えないとしている。

また、Macがデフォルトで提供しているセキュリティ機能によって特定のマルウェアを検出することは可能であるものの、すべてを検出できるわけではないと指摘。Macにおいてもセキュリティ・ソフトウェアを併用するなどして、安全性を確保することを推奨している。


とあり、Macだから大丈夫と思うはとても危険です。 


そして、個人ならまだいいですが、企業などでセキュリティ対策をしていないととんでもない事になります。例えば、公開サイトを運営している場合にサイトがウイルス感染してしまったら、接続してくるユーザーにも影響しかねません。


同様に、個人であってもできれば、セキュリティソフトをしっかりとインストールしておくほうが望ましいです。


そして、久しぶりにトレンドマイクロのサイトをチェックしていたら、価格が以前よりも安くなっている気がしたので共有します。

>>ダウンロード3年版ならで2ヵ月無料延長キャンペーン中!

trendmicro


トレンドマイクロは、今はマルチデバイスで3台まで利用することができ、価格も5380円~みたいです。


なんか以前より安くなっている気がするのは私だけでしょうか。


後、現在、キャンペーン中で、ダウンロード3年版製品が2か月延長キャンペーンを開催しています。


こちらの製品はMacももちろん利用する事ができます。Macだけでなく、Windowsも併用している場合は、このマルチデバイス版が便利ですね。


ちなみに、ウイルスなんてかからないよ~と思っているかもしれませんが、海外サイトやムフフなサイトによくアクセスする方は、確実にセキュリティソフトをインストールしていたいほうがいいです。


私の知人で、ウイルスに感染して、動画をのきなみ削除された人がいましたが、それならまだましで、個人情報をばら撒かれたりしたらとんでもない被害になる可能性がありますからね。。。


明日は我が身と思って、セキュリティソフトは導入しておきましょう!

>>ダウンロード3年版ならで2ヵ月無料延長キャンペーン中!