202b5e0a199ac681d2fc37ba709b0ef9_s

最近、暖かくなってきてようやく春だな~と感じてきました。個人的に春というシーズンは好きで、新しい気持ちのスタートという感じで、今年も頑張ろう!という気持ちになります。


私も4月からは新しい職場なので、気持ちを新たに頑張ろう!という感じになっています。職場が変わると、環境や人間関係もゼロからになる場合がありますが、その分、新しい刺激や学びがあるので、いい経験になりそうです。


そして、学生さんの場合は、すでに内定をもらってこれから新しい会社で働くケースもあると思いますが、場合によっては内定をもらえずに、就職活動をまだしているという人もいるかもしれません。


例えば、今、テレビで連日ニュースになっているてるみくらぶの倒産。旅行者は被害にあっているのは当然なんですが、内定をもらっていた人が取り消しになって、就職活動を余儀なくされています。


そこで、こんなニュース記事がありました。

てるみくらぶ内定者は? 厚労省が専用窓口、「無条件で採用」団体も


以下は記事の抜粋ですが、入社予定の内定者を無条件で採用するという企業がでているそうです。捨てる神あれば拾う神ありですね。

破産手続きに入った、格安旅行会社「てるみくらぶ」。ツアー中に航空券の発券ができなくなるなど、トラブルが広がっています。一方で、年度末に会社が破産したことで、入社予定の内定者を危惧する声も出ています。厚生労働省では専門の相談窓口を設置するなど、対策に乗り出しています。また、旅行業界の財団では、内定者たちを「無条件で採用する」という異例のメッセージをフェイスブックに投稿。こちらも注目を集めています。


そして、JALFがその名乗りをあげていますが、これが売名行為だとか言っている人もいますが、選択肢が広がる分、いいと思うんですけどね。
 東京・虎ノ門にある「宿泊施設活性化機構」(JALF)は、「その身柄、JALFで引き受けます」キャンペーンを始めるというメッセージをフェイスブックに投稿しました。

 JALFは2015年9月に発足し、職員は十数人。国内で営業する宿泊施設1千軒以上が出資している、民間の業界広報団体です。宿泊業者などへの助言、コンサルティング業務をしています。

と、人によってはまだ安心できていないという人もいると思います。そして、私は残念ながら学生時代に就職活動をしていないので、まともなアドバイスができないのですが、就職活動を行っている人に、就活マスターから学ぶ就職活動、転職活動を成功させるノウハウ学べるブログを紹介します。


こちら、
https://itnandemo.com/


このブログのオーナーは、推薦応募は使わず、自由応募で10社以上面接を受け、
内々定は4社、最終面接まで行ったのは6社、そして、有名企業に就職したという実績があります。
ちなみに筆者の戦績としては、推薦応募は使わず、自由応募で10社以上面接を受け、
内々定は4社、最終面接まで行ったのは6社となります
(最終面接辞退も含みます)

ちなみに内々定4社はすべて有名企業でして、
その中の1社に入社しました

有名企業に働くメリットは、やはり、経歴として残ることです。私はこれまでIT業界で働いてきましたが、有名企業で働いた実績がないので、企業に就職する場合に有利とはとても言えません。


その為、今の仕事を続けるという点だけでなく、その後、転職活動をする際にも有名企業に勤めていたという経歴は絶対にプラスになります。


実際、IT企業で働いていますが、有名企業、大手企業に働いていると、転職をしても大手企業で働ける可能性が高いですからね。


例えば、外資系のハードウェアメーカーのセミナーなどで講師をしている方の経歴を見ても、有名企業を渡り歩ていることが分かります。 

 
そういった意味でも、就職活動で有名企業を狙う事は、人生においても重要な戦略になると思います。
 

そして、紹介したブログで参考になる情報が色々とあるのですが、実際にどういった観点で就職活動をしたらいいか書かれている事です。


例えば、情報収集の仕方であったり、そのポイントが書かれています。例えば、以下のようなことが書かれていますが、なぜ、行ったほうがいいのかという理由も丁寧に書かれています。
 
・業界を絞らず情報収集したほうがいい
・就職活動掲示板を眺めてみる
・インターンシップに参加する


後、個人的に面白と思ったのが、自身が所属する分野や研究内容に関連した企業しか内々定をもらえないというわけではないという事です。


特に最近は、人材が不足していると言われており、学生さんからしたら、企業を選ぶ選択肢が増えていると言えます。その為、お金を稼ぐために仕方なく企業を選ぶのではなく、学生さん側で自分が働きたい業種、企業を狙いやすくなります。


就職氷河期と言われた時代であれば、就職することがゴールになる人も多いかもしれませんが、今はまさに学生さん優位であるとも言えると思います。その為、妥協せずに、自分が働きたいと思う仕事を得られるチャンスともいえるかもしれません。

こんな面白い就職活動サービスもある!なんと焼肉を食べながら面談できちゃう


テレビCMでも有名になったビズリーチ。このビズリーチでは、なんと焼肉で面談ができるという面白いサービスもやっています。


「これまで考えてもみなかった企業や業界からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!」

 

これ、テレビなどでも取り上げられているので知っている人も多いと思います。実際、これまでの企業の面談って堅苦しいものが多かったです。


しかも、面談ってその人の本質を探ることって意外と難しいんですよね。


まさに仮面面談をお互いにしている感じ。それが、焼肉を食べながらリラックスした感じで話ができると、お互いにそり素の部分が出せるので、いい面談になると思います。


さらに、美味しい焼肉が食べれる!


ということで、この新しい試みがかなり面白いのですが、このニクリーチの特徴を紹介します。

【ニクリーチの特徴】
・お肉を通じて人事と深いコネクションを作ることが出来る。
・普通の就活では聞けないことをざっくばらんに聞ける。
・プロフィールを登録しておけば、後は待っているだけで企業からスカウトが届く。
・人事の方とお肉を共にすることで、打ち解けながら、企業研究をすることも可能。
・これまで考えてもみなかった企業からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!
・スカウトが届かなくても、定期的にお肉を食べれるイベントを開催するため、
 誰でもお肉をゲットできるチャンスがある!
・学歴関係なく誰でも登録できる
・お腹も心も満たされる神のようなサービス


 さらにこんな特徴もあります。


ニクリーチなら、今までにない就職活動ができます
今の就活方法に満足していますか?
ニクリーチは従来の就活方法とは、"一味"ちがった方法を提供します。
おオニクが食べられます


と、今、どの企業も人材を集めようと必死になっています。その為、就職活動を成功させるためにも、しっかりと情報収集をすることがとても重要になってきます。

大手企業、有名企業で働けば将来の安心を買える!


やはり、中小企業と違い、大手企業、有名企業で働けば将来の安心を買えることだと思います。


当然、今の時代、東芝のように大手企業であっても会社経営が傾く可能性はゼロではありません。しかし、大手企業で働いたとう実績は残る為、就職は当然有利です。


以前、勤めたいた会社は、親会社は有名でしたが、500名程度の社員しかおらず、給料もまぁまぁというレベルでした。


そこに、某外資系企業から転職してきた人がいて、会社でも話題になっていました。まさか、こんな人が入ってくれるなんて~!と上でも盛り上がっていたのを覚えています。


その方は40代後半でしたが、それまでの実績があれば、中小企業なら簡単に転職できますし、いきなりPMとか役職をもらえる可能性もあります。


当然、大手企業は中小企業よりも年収が高い傾向もあります。以前、仕事をさせもらった企業の部長は、年収で1100万円くらいあると言っていました。以前、雑誌でも読みましたが、中小企業と大手企業の部長では、年収で平均的に100万円~200万円くらいの差があると書かれていました。 

 
色んな意味でも、大手企業に就職するメリットがあると思いますので、戦略的に狙っていくほうがいいと思います。


先ほど、ちょっと紹介した内容だけでなく、就職活動を成功させるための様々なノウハウが紹介されていますので、現在進行形で就職活動をしている方は、是非、ブログをチェックしてみてください。

■ITなんでも.com
https://itnandemo.com/