8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s

今、GalaxyS5を使っているんですが、バッテリーが夕方くらいまででなくなります。その為、なるべく無駄にバッテリーを使いたくないと考えるわけですが、音楽プレイヤーの代わりに使ったり、スマホアプリをしているとすぐに、バッテリーがなくなります。


通勤中の電車のわずかな時間ですでにバッテリー残量が80%前後になり、昼間には60%前後、そして、夕方には40%前後。スマホのバッテリー消費は携帯と比較になりません。


そこで、少しでもスマホのバッテリーの消費を抑える方法を紹介しますので、参考にしてください。※Galaxyだけの設定もあるかもしれませんので、ご留意ください。

①省電力モードにする


●省電力モードにする
「設定」→「省電力」で「省電力モード」を「ON」に

この設定では以下の方法でバッテリーの消費量を抑えます。
・端末のパフォーマンスを制限
・バイブフィードバックを制限
・位置情報サービスを制限

さらに、この設定を「ON」にすると、以下の項目のON、OFFが選べます。


「全てのバックグラウンドデータを制限」
Eメールやメッセージ、音楽、電話、SNSアプリ、ゲームなどのWi-Fiやモバイルネットワークを使用するアプリの機能は、そのアプリを起動しないと正常に動作しない場合があります。

②自動タイムアウトまでの時間を短くする、その他


●自動タイムアウトまでの時間を短くする

画面が自動でオフになりロックされる自動タイムアウトですが、自動でタイムアウトされるまでの時間を短くすることで省エネになります。あまりに短くしすぎると不便になるので、ストレスのない程度の間隔で時間設定するのがお勧めです。デフォルトは10分でしたが、例えば、1分とかにします。

・画面のタイムアウト
「設定」→「ディスプレイ」→「画面のタイムアウト」→タイムアウトまでの時間を選択


#明るさの自動調整もありますが、意外と不便なので使っていません。


 ・画面トーンの自動調整
バッテリーを節約するために、表示している画面に合わせて明るさを調整します。:チェックを入れる

・タッチキーライト消灯時間:短くする




③Wi-FiやBluetoothをオフにする


●Wi-FiやBluetoothをオフにする

Wi-FiやBluetooth設定をオンにしておくと、接続先を探してバッテリーを消費してしまいますこれらを使用しないときは設定をオフにしておくことがお勧めです。これが意外とバッテリーを消費します。


「画面の上部から下にスワイプ」→「クイック設定ツールを表示」→各アイコンをクリック
or
「設定」→「Wi-Fi」でOFF
「設定」→「Bluetooth」でOFF

位置情報サービスをオフにする


●位置情報サービスをオフにする

位置情報サービス(GPS)はオンにしておくとバッテリーを消費します。地図アプリなどGPSを使用するとき以外はオフにしておくのがお勧めです。これも意外とバッテリーを消費します。これを利用するアプリもあると思うので、使わない場合はOFFに。

「設定」→「位置情報」→GPS機能のチェックを外す

アプリのプッシュ通知をオフにする


●アプリのプッシュ通知をオフにする
アプリのプッシュ通知は通知があるたびに電力を消費してしまいます。プッシュ通知が必要なもの以外はオフにします。あまり使わないアプリは面倒ですが、設定しておくと節約になります。

Android:「設定」→「アプリ」→オフにするアプリを選択→「通知を表示」のチェックを外す

 
●不要なアプリはアンインストールする
意外とインストールしたアプリを放置している人もいるかもしれませんが、不要なアプリはこまめにアンインストールしましょう。

スマホのバッテリーの消費を抑えたり、急速充電に使える”機内モード”

 
そして、スマホを使わない時は、意外と便利なのが機内モードです。例えば、仕事でお昼までスマホは使わない!という場合は機内モードにするのはありです。
 

ただ、電話やメールなど外部通信ができなくなるのがデメリットですが、バッテリー消費はグンと下がります。


●機内モードをON・OFFにする
ホーム画面にてアプリボタンをタップ
→「設定」
→「その他の設定」
→「機内モード」をタップすることにより、ON/OFFが変更されます。
注意電源ボタンの長押しでも機内モードのON/OFFを変更できます。 


ちなみに、この機内モードとは、スマホの電波を送受信できない状態にするモードのことで、電波の影響を受ける精密機器のトラブルを回避する為に、飛行機に搭乗する時は、この電波を発しない機内モードにすることがルールになっています。


なるほど、、、電波を送受信しないのか~という事で、電池の消費を抑えたいときに使うと便利だったりします。


例えば、仕事で会議とか入ると、携帯の電源をオフにしたりする事がありますが、機内モードだと、わざわざスマホの電源をオフ、オンしなくてもいいので、すぐに使える状態にすることができます。着信、メールの受信をしたくないけど、すぐに受信しない状態にできるのが便利です。


例えば、スマホの電源を完全にオフにしてしまうと、スマホ自体の機能が使えなくなりますし、何より、起動までに時間がかかるので、イライラしますが、そういった状況でこの機内モードだとすぐに使えるようになるのが便利ですね。


また、機内モードのメリットは、バッテリーの消費が減少する事です。例えば、バッテリーを急速に充電したい場合などは、この機内モードを有効にしておけば、バッテリーの充電がいつもより早く完了します。電池消耗の原因である通信機能を切って効果を上げることができます。


以前、本業の仕事で電波の全く届かないデーターセンターにスマホを預けていた事があるのですが、スマホは電波が弱い所だと、頑張って電波を探そうとして、すぐにバッテリーが消耗してしまうんですよね。


その為、電波が届かないようなところは、敢えて、機内モードにしておけば、バッテリーの消耗を防ぐことができます。後、旅行や仕事で出張によく行く方にお勧めなのが、モバイルバッテリーですね。