人生、すべての人が恵まれて産まれてくるわけではありません。さらに、人に言えない悩みを持って生きている人もいます。


自分は不幸だと考えることもあるかもしれませんが逆風に負けない強い力を持つことで人生が変わる可能性もあります。


そして、母親と姉妹の愛情は強し!平野美宇の妹が発達障がいだった娘も育てたそうです。


元記事はこちら。

平野美宇「発達障がいの妹の面倒を…」母明かす“お姉さん素顔”


「今回の本で、三女の亜子が発達障がいとともに生まれたことを初めて書きました。私は美宇という日本一の卓球女子を育てた母親と言われますが、同時に障がい者の娘を育てた母親です。どちらも同じ子育てなんです。そのことを伝えたいと思いました」

そう語るのは、ドイツで開催された卓球世界選手権女子個人で48年ぶりの銅メダルに輝いた平野美宇選手(17)の母・真理子さん(48)。

山梨県甲府市郊外で卓球教室「平野卓研」を営む真理子さんは、娘の応援に赴いたドイツのホテルで、新著『美宇は、みう。』(健康ジャーナル社)の原稿を書き綴って、その中で、三女の亜子さん(12)が発達障がいだと初告白したそうです。


これだけすごい娘を育てておきながら、三女は発達障害だったということで、どれほど大変だったか。実際に私のいとこの長男が発達障害で、やはり、子育ての大変さを教わりました。


元気でいてくれるだけでも幸せだなと思います。子育て自体は簡単ではないし、母親はやっぱり強いです。

「亜子は対人関係が希薄で思ったことをそのまま素直に行動に移しますから、幼児期は『先生のお話を聞きましょう』と言われても、嫌なのですぐに向こうに行ってダラーっとしてしまう。無理に引き戻しても逆効果。ゆっくり諭すように話して、時間をかけてやらせました」

真理子さんが美宇選手の遠征に付き添って家を空けるのが寂しくて泣いていた亜子さんは、6歳で「亜子も卓球やりたい」と言い出したそう。

確かに、テレビ番組で発言をしている時に、3女はちょっと個性があるな~と思ったり、次女がきつめの突っ込みを入れている時に、言われてみるとと思ったことがあります。

「本人が『やる』と言うならママの私も徹底して付き合おうと。美宇もたまに実家に戻ったときは、卓球で亜子の相手をしてくれます。亜子にとって日本代表の姉は“雲の上”の存在。美宇から『亜子、こういう風に返すんだよ』とレッスンをしてもらうと、『美宇ちゃんが教えてくれたよ!』って大はしゃぎ。『ショートバウンドで打ち返したら相手に勝てるよ』と教えると、ひたむきに一生懸命練習していました。執着心は相当なものなんです」

3姉妹でいちばん最後に卓球を始めた亜子さんは、瞬く間に頭角を現した。昨年には小学生日本代表として海外に派遣されるまでに。「あの亜子がここまでねえ」と真理子さん自身も驚いたという。

母親の愛情で、ここまで子供が成長してくれたら本当にうれしいでしょうね。インタビューとかでも優しそうなお母さんの雰囲気が出ていて、とても仲のいい家族なんだと思います。

「大体ひとりでできるようになりましたが、頬にケチャップがついていても平気とか、気になることもあります。少しずつゆっくり、ですね。美宇の目標は3年後(東京五輪)。そこで金メダルを狙っています。姉妹3人、みんながんばっているのが自慢です!」

卓球一家の子育てママはそううれしそうにほほえんだ。

今、躍進を続ける平野美宇の子育てについて学べる書籍ですね。特に卓球をさせている場合は必見かもしれません。


内容紹介
「第二の愛ちゃんって言われているけどうれしい?」
記者からの質問に、まだ五歳の少女はこう答えた。 「美宇は、みう」

今、卓球界で大注目の平野美宇選手の母・真理子さんによる子育てエッセイ。

“オリンピックで金メダル"の夢に向かって、二人三脚で練習に励んだ思い出。三姉妹の個性を大切にしながら、子どもたちの自立とそれぞれの夢をサポート。楽しくて楽な家事、夫婦間の悩み、家族の愛や絆など、工夫と奮闘を重ねた日々。

さらに、教員生活、子育て、卓球スクールの指導を通して深めていった「障害のある子どもたちと社会をつなげる架け橋に」という自身の夢などを、余すところなく綴った一冊です。
花まる学習会代表・高濱正伸氏との対談も収録。