今年、意を決してノートPCを買い替えました。買い替えるまでは、色んな家電雑誌をチェックしたりして、どれが一番いいかを模索していましたが、携帯性が抜群という事と、私が購入した家電雑誌で、一番評価の高かった、同じNEC製のノートパソコンを購入しました。


以前はNECのLavie LL750/Fを利用しているんですが、これはこれでかなり気に入っていました。ただ、弱点もあって、サイズが大きいので持ち運びが不便という事です。後、長期間使っているので、当然、バッテリーの持ちが悪くなっていること。


その為、今回は持ち運びを意識した軽量のものを買いました。そして、パソコンも色んなメーカーがあり、これは好みだと思います。正直、どのメーカーのものも性能がいいですし、好み、もしくは、機能面での選択になるかと思います。


そして、私が購入したノートパソコンが、LAVIE Direct HZになります。


使ってみた感想ですが、とにかく軽いし、携帯性がよくて、私のようにどこでもブログを更新したい人間からしたら最高のノートPCです。なんだかんだで、ずっとNEC製のパソコンを使っている気がします。とにかく不満が少ないですね。

まずは、実際の機能について、コメントを入れながら紹介しますね。このNECのノートパソコンが最強なのは、軽さです。私は普段から外出先でパソコンを使うので、この圧倒的な軽さが購入の決め手になりました。

>>NECパソコン 今だけおトクなクーポン発行中


パソコンを購入して、ここまで満足できたのは初めてです。


特徴① サイズがなんと約779g!
極限まで軽く、しなやかに。
使いやすい大画面と持ち運びやすさを両立した、軽量13.3型ワイド液晶ノートPC。
→とにかく軽くておもちゃみたいと思ってしまいました。軽すぎて初めて持った時、感動しました。今は、鞄の中に入れて持ち歩いていますが、全く重さを感じません。何しろ、500mlペットボトルよりちょっと重いくらいですから。


特徴②バッグ内での圧迫を想定し、ボディは150kgfの面加圧試験をクリア
心おきなく持ち運ぶ。
驚きの軽さ、なのに頑丈。
いつだってバッグの中に安心を。
→あまりに軽いので、頑丈さは大丈夫かと思いましたが、全くそんな事もないようです。※あえて衝撃などは与えていませんが。。。

特徴③2in1 タッチパネル液晶モデル
さらに広がる、使いみち。
ビジネスではモバイルPCとして自宅や移動先ではタブレットモードで。
シーンによって使いこなす。
→360°開閉で、タブレットのように使えます!これが意外と感動した操作性の一つです。私はよくパソコンを持ち歩くので、この機能は本当に助かります。

特徴④バッテリ駆動は、
最大11.6時間。ACアダプタを持ち歩かずに、外出先でもたっぷり使える。
→まだ、長時間、外出先で使ったことはありませんが、バッテリーがなくなったことはありません。

特徴⑤慌ただしい外出前にも、短時間でたっぷり充電。
小型・軽量のACアダプタで急速充電。
コンパクトサイズで持ち運びも便利。
→これも実際に、充電時間を図ったことがありませんが、なんとたった1時間で約80%まで充電できるとのこと。

特徴⑥楽しみたいこと、 思いのままに。
動画サイトの閲覧や、大きいファイルの 取扱いも第6世代Core i プロセッサーとSSDで高速&スムーズ。
→私はSSD、CPUはCorei7にしました。長く使いたいからスペックは少しでもいいものを。だって、一度買ったら4、5年は使いますからね。

特徴⑦ディテールまで引き立つディスプレイ。
複数のファイルやWeb画面を同時に表示しても見やすい 高解像度液晶。
※WQHD(2560×1440ドット)または
フルHD(1920×1080ドット)を選択可能
→とにかく画質がきれいでびっくりしました。

特徴⑧Windows 10 Pro を選択可能
ドメイン参加機能を含むネットワーク管理機能を持つWindows 10 Pro、スタンダードなWindows 10 Homeを用途に合わせてOSをお選びいただけます。
→一般的な使い方をする場合は、Proにする必要はないです。値段が上がりますしね。

特徴⑨インテル® Core™ i7/i5 プロセッサーから
Celeron® プロセッサーまでCPUを幅広く選択可能
→スペック重視の方は、Corei7がお勧め。

特徴⑩大容量8GBメモリ を選択可能
WQHD液晶モデルで大容量8GBメモリを選択可能。高速デュアルチャネル対応で、大容量データも一度にメモリに読み込んで快適に処理できます。高解像度写真やHD映像の編集作業などがスピードアップします。
→私は当然、8GBにしました。めちゃくちゃ快適です。

特徴⑪大容量SSD 約512GB (PCIe対応)を選択可能
内部ストレージとして、ハードディスクより衝撃に強く小型軽量なSSDを採用。 電源オフからのOS起動やアプリの起動をハードディスクより高速に行えます。 約128GBと約256GBと約512GBの3つの容量から、ニーズに合わせて選択できます。

特徴⑫選べる最新のOffice
「Office Personal Premium プラス Office 365 サービス」、さらにPowerPoint、OneNoteを加えた「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」のいずれかをお選びいただけます。
→私はPowerPointのないものにしましたが、ないと意外と不便かも。別のフリーソフトを使う予定です。


こちらが本体です。サイズはA4サイズよりちょっと大きいくらいです。セカンドPCとして使っていたMacBookAirよりは小さいですし、軽いです。Macより軽いなんてやばい。
20170212_102500

といろいろと気に入っているのですが、唯一ある不満というかない機能がDVD/
BDドライブがないことです。


その為、CD聞きたい、DVD、ブルーレイが見たい~というときに不便です。もちろん、それを承知で購入したんですが、やっぱりないと不便ということで、BUFFALO 書き込みソフト添付 ポータブルBD BRXL-PT6U2V-SVCを購入しました。
20170902_160306

■転送速度ライト(1):BD-R XL(4層)(3層)4倍、BD-R(2層)(1層)6倍、
BD-R(1層)LTH6倍■転送速度ライト(2):BD-RE XL(3層):2倍、
BD-RE(2層)(1層):2倍、DVD-RAM:5倍■転送速度ライト(3):
DVD±R(1層):8倍、DVD±R(2層):6倍、DVD-RW:6倍、DVD+RW:8倍
■転送速度リード:BD-R XL(4層)(3層):4倍、
BD-R(2層)(1層)(1層<LTH>):6倍■書込みエラー防止方式:BD/DVD/CD対応
■ローディング方式:トレー式■著作権保護:CPRM(リード/ライト)、


20170902_160316


意外と多機能でUSBケーブル1本をパソコンにつなぐだけで手軽に利用できます。以下は公式サイトの説明ですが、LEDが赤く光るのでなんでだろうと思ったら供給不足でした。ただ、使えますけどね。

本製品ではさらに、パソコンのUSBポートからのバスパワー(電力供給)が不足した際に発生していたブルーレイドライブの不安定な動作を解消するための二つの機能を搭載。 電力不足を光で伝える「お知らせLED」と電力不足を専用のケーブルで補える「Boost(ブースト)ケーブル」の搭載で、今までACアダプターがないと使用できなかったパソコンでもブルーレイドライブの使用が可能になりました。


ノートパソコンにUSBポートが少ないのでちょっと悩み。


また、厚みもなくコンパクトなのもいいですね。
20170902_160438


本製品は、9.5mm 厚ドライブを採用することで、従来機種BRXL-PC6U2と比べて約47g の軽量化を実現。
本体の厚さ14.4mm、重さ293g のスリムボディーなので持ち運びもスマート。最新のウルトラブックなど薄型のパソコンにもマッチします。

また、標準搭載ソフトで再生・データ保存が可能です。さらに、Macbook AirなどのDVDドライブ非搭載パソコンに役立ちます。ちなみに、Windows10を使っていますが、音楽の再生はとりあえずOS標準を使っています。書き込みソフトは以下が利用できるようになります。

「CyberLink Power2Go」
豊富な機能をもち、各種ディスクの書き込みに対応した総合ライティングソフトです。
音楽CDの作成や、DVD±Rの2層書き込みなどにも対応
大切なデータをパスワードで保護する“セキュリティーバーニング”機能搭載(AES256bitを用いた暗号化をおこないます)
ISOファイルの内容を直接参照して任意のファイルを取りだし、また仮想ドライブとしてマウントすることが可能です。

20170902_160410


と使っていて特に不満はありません。とりあえず音楽の取り込みで使用しました。これをそのままスマホに移動して、音楽プレイヤーとして使います。


使っていて今のところ、大きな不満はありません。


後は週末の楽しみとしてブルーレイで洋画でも観ようかな~。最近、忙しくて映画を全然観れていないので、たまにはゆったりと週末をすごすのもありですね。ただ、商品レビューを見ると、ブルーレイを観るには動画再生ソフトを別途、購入する必要があるとのことで、別途、確認してレビューします。