338c282847df26c4abdc9d54da8c7f5d_s

フリーランスになって3つ目の現場で仕事をしていますが、これまでの経験が活かせる現場で、とても仕事が楽しいです。この1年くらいひたすら資料作成ばかりで、実機を触ることがなかったので、スキルアップになっています。


ただ、仮想化基盤を構築する機会が多いのですが、MCPの資格がとれていないのが残念です。会社勤めしていた時に、会社がお金を出してくれなかったので、結局、資格取得になりませんでした。


フリーランスになって、そういった資格取得も完全に自腹になったので、ちょっと躊躇してしまいます。ただ、資格取得は評価が上がる可能性があるので、資格を持っておいて損はありません。


そして、今の職場で働き始めて一ヵ月程度経ちましたが、メンバーもいい人が多いし、とても仕事しやすいです。そして、構築もおちついてきたので、ようやくチームで飲み会に行くことになりました。最初は会社の近くの居酒屋で一次会を行いました。


焼き鳥のお店で、味もよくてコスパがよかったです。そして、1次会で帰宅する人と2次会組に分かれたのですが、それが不幸の始まります。


まず、2次会に行くことになったんですが、家の方向がほぼ一緒ということで、一緒に2次会に行くことになったんですが、キャバクラ、、、というよりはよく行くガールズバーに行くことになりました。メンバーは女性が一人、私も含めて男性3人。


そして、営業トークをすればよかったんですが、普通にお店に入って、私がフリーランスということが同僚にばれていて、稼いでいるでしょ!ということで、なんと2次会をおごらされる羽目に。


そこは一人4500円なので、4人分でなんと18000円・・・。さらに延長してしまったので、追加で支払いをしました。結果、3万円以上の出費になってしまい、酔いが醒めた翌日に大後悔。


まぁ、実際に稼いでいるのは事実ですが、これほど人におごったのは、私が副業で物販ビジネスで月額40万円の収入が、本業とは別にあった時依頼です。あの頃もはぶりがよくて、本業が30万円、副業で40万円の収入がありました。


物販は1年くらいで売り上げが落ちていったので、一年間だけのリッチ生活でしたが、今は地方でそれを実現しています。今は、本業の収入が55万円、副業が10万円くらいあるので、合わせて65万円くらいの収益があります。


今月も残業がしっかりと稼げていたら、副業と合わせて70万円くらいの収益があったはずだったので、ちょっと残念ですが、忙しい現場なので、来年は年収800万円以上を狙いたいと思います。しかし、、、人には稼いでいるってバレないほうがいいですね。次は絶対におごらないと決めて、飲み会には注意です。


女の子をおごるのは分かりますが、男性におごるのはちょっと・・・。


また、東京では当たり前にフリーランスの仕事がありますが、地方でもフリーランスの仕事が実は意外とあります。ということで、お勧めのエージェント会社を紹介します。

お勧めのフリーランスを紹介してくれる会社!


ちなみに、私が今、一番お世話になっているのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

以下は私と同じインフラエンジニアの方ですね。なんと年収が900万円!これがエンジニアで頑張る醍醐味ですね。
インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円
インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)略歴 
4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。
経験スキル Linux、Cisco、AWS など

単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


私は地方でフリーランスの仕事がないと思っていたので、最初に派遣会社に勤めましたが、最初からフリーランスになっていれば、、、と今では思います。ちなみに、派遣時代の年収は、400万円以下です。それが、現在は600万円以上の年収を稼げるようになりました。


また、フリーランスは不安という方は、社内SEを目指すのも一つです。



そして、社内SEへの転職、別業種への社内SEの転職を考えている方に向けにお勧めの転職サービスが「社内SE転職ナビ」です。

 →憧れの社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】 

se000000


こちらの『社内SE転職ナビ』は、日本全国の「社内SE」求人を網羅する転職情報サイトです。


エンジニアの転職希望として必ず上位にランクインする「社内SE」ですが、『社内SE転職ナビ』ではエンジニアから最も多い悩みを解決し求人を探すことができる転職情報サイトです。


「客先常駐は避けたい」
「社内の改善に自身の力を発揮したい」
「情報システム部門で働きたい」
「お客様先ではなく自社サービスのシステムに携わりたい」


また、『社内SE転職ナビ』では無料会員登録をすることで求人をキープできる「検討中リスト」や、転職活動の「応募」から「進捗」まで管理し転職活動を時系列でサポートできるのも特長です。


求人紹介ではなく現在の仕事の悩みからキャリアの棚卸といった相談ができる「カジュアル面談」、自分の理想とする企業探し&転職活動を前提としたキャリアアドバイスが中心の「キャリア面談」、地方在住や多忙の方でも安心してプロのコンサルタントに相談できる「Skype面談」など、転職活動に役立つメニューも豊富にご用意しています。


多くのエンジニアの転職を成功させてきた実績を持つコンサルタントが、あなたの理想の社内SE案件をお届けします。


エンジニアの多くが理想とする「社内SE」の様々な業務スタイルや実態といったリアルな情報もお届け。


『社内SE転職ナビ』を活用することで、そもそも「社内SE」が自分に向いているのか、どのような業種の情報システム部が良いのか等、豊富な情報から多角的に分析し、あなたのワークスタイルに合わせた転職先を探すことが可能です。


【社内SE転職ナビを選ぶ3つの特徴】

1 社内SE求人数トップクラス
数少ない『社内SEに特化した転職支援サイト』として、他にはない強みがあります。その最大の強みは『社内SEの求人案件数が業界トップクラス』という実績。だから他の転職サイトと比べて、自分にマッチした理想の社内SE案件に巡り合うチャンスが断然アップ致します!


2 仕事内容・給与待遇・キャリアパスetc.みんなが気になる「社内SEのリアル」が隅々まで詳しく伝えます!

「なんとなくイメージはつくけど、社内SEの実態って正直よく分からない」という方も多いのでは。社内SE転職ナビでは、社内SEならではの仕事の特徴や求められるスキル、さらに細かい給与待遇や将来のキャリアパスなど、みんなが知りたい「社内SEのリアル」な情報をわかりやすく丁寧にご紹介いたします。

その結果、一人ひとりにとって『理想の社内SE像』を明確にできるので、社内SEへの転職成功率をより高めることができるのです!


4 社内SE転職ナビは、社内SEを目指すエンジニアの最適なキャリア形成を支援しています。
エンジニア専門、かつアドバイザーに人数のノルマがないため、一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2倍!

そのため、希望に合わない求人の紹介や、大量の求人メールを送るなどの機械的なサポートは行いません。一人ひとりの希望や経験をお伺いし、丁寧にアドバイスいたします。転職活動だけでなく、キャリア形成に役立つ情報も含めてご相談頂けます。


5 エンジニアの社内SEの定義は、「客先常駐がないこと」。
そんな意見を代弁したサイトが、この社内SE転職ナビです。そのため、SI、社内SE、Webエンジニア、ゲーム業界にお勤めの方、エンジニアの皆様誰しもがご利用いただけるサービスです。

ご登録頂きますとマイページが発行され、客先常駐のない求人を検索出来たり、アドバイザーお勧めの求人が確認できます。自身の希望、客観的な視点からのアドバイス双方が受けることができます!


6 あなたにあったサポートを、あなたのペースに合わせて提供します。

社内SE転職ナビでは、社内SEの転職を希望される方を求人情報の提供からセミナー等のイベント開催、転職支援面談まで包括的にサポート。転職を前提としないキャリア全般の相談が出来る面談メニューもご用意しているので、転職活動自体を迷っている人でも気軽にご相談可能です。



そして、社内SE、会社の情報システム部として働きたいと考えている方の状況も人によって様々だと思います。本格的に考えている方、まずは情報を集めたいと考えている方。そういった方の為に、面談の種類が選べるようになっています。


実際に相談頂いた方の声を紹介!

未経験から社内SEへ ITスクール通学~半年かけて社内SEデビュー!
エンジニアの経験が一切なかったのですが、ITエンジニアの将来性に注目してまずは自分がエンジニアになれるのか、気軽に相談できるカジュアル面談を受けることに。その結果、まずITスクールに通うことをアドバイスいただき、その後無事卒業~社内SEデビューできました!

よく社内SEにすぐになったほうがいいか、ベンダー、メーカーで働いて経験を積んで転職したほうがいいかという話がありますが、個人的には働きたい環境を先に選ぶほうがいいと思いますね。特に日本の場合は、海外と違い、仕事を頻繁に変える文化がない為、一つの会社で落ち着きたいのであれば、最初からやりたい仕事を選ぶほうが賢明です。

「いいところがあれば…」と気軽に相談⇒社内SEマネージャーに転職成功!
40代を迎えて今後のキャリアを考えた時「もっと自分にいいところがあれば、次が転職するラストチャンスかも」という思いから、カジュアル面談へ。そこで「面接だけでも受けてみようかな」と思える企業を見つけ、自分の理想にマッチした案件だったため転職を決意しました。

将来を考えて、落ち着いて会社でキャリアをつけていきたい場合は、年齢も気にして行動することも重要ですね。


社内SEの転職に特化したサイトなので、これから社内SEになりたい、転職したいという方にお勧めのサービスです。

 →憧れの社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】 

 

働き方は自分次第ですが、稼ぎたいならフリーランス、長く同じ場所で安定的に収入を得たいなら社内SEがいいのではないかと思います。給料が安くて困っているという方は、転職、転身を考えてみてはいかでしょうか。