9cbd5428919c02dbb6d05b837c1bb8da_s

最近、テレビや雑誌でもAI(人工知能)について言及されることが多くなりました。実際、AIの活用により、様々な仕組みがより、効率よくなるのは間違いありません。人間は簡単に疲弊しますが、AIはそうではないですからね。


よく言われるのが、AIでできない仕事が残る、AIでできる仕事はなくなると言われています。例えば、ホテルの受付なんかは、すでにロボット化していますよね。同様に、車の自動運転が可能になれば、運転手が不要になるかもしれません。


先日も、長距離トラックの自動運転化についての話題が放送されていました。今は、一台のトラックに複数台がついていくというレベルみたいですが、そのうち、到着先まで自動化なんて時代がくるかもしれません。


そのレベルになると、タクシーの運転手も不要になるでしょう。電子マネーがより一般的になると、タクシーに乗車で支払った人だけが、乗れるなんて時代になると、無賃乗車を防げますね。


今後も変わらない事は、稼げる人、稼げない人の2極化は進むであろうということです。人工知能がどう影響してくるかは今ははっきりとしていませんが、仕事の選び方は間違いなく変わってくるでしょう。


将来、49%の仕事がAI、人工知能に奪われる残酷な時代での正解とは?ということで、将来が不安という方向けに、新しいプロジェクトがスタートしています。

 →新しい人生設計、人生戦略のTHE LIFE CHANGE プロジェクト
 

人工知能が開発された社会をどれくらいリアルに捉えられているでしょうか?


そしてー「49%の仕事が駆逐される厳しく残酷な時代」を迎える準備はできているでしょうか?


多くの人は「まだまだ先の話だから関係ない」と思うでしょうか?


いいえ。実は、時代はもう目の前まで迫ってきています。もし、少しでも不安を感じているのなら、今すぐここで、答えを手に入れてください。



人工知能が人間の能力を超える「シンギュラリティ」は2045年に来ると言われています。そして、中には、「2020年にはコンピューターは人間の知性を超える」と主張する研究者もいます。


ビルゲイツが「人工知能の未来を預言しうる最高の人物」と称するレイ・カーツワイル氏もその一人です。


オックスフォード大学の研究でも、「10年から20年後には人工知能を含むITの進化の影響によって47%の仕事が自動化されるリスクが高い」という発表が出ています。


いえ、もうすでに、私たちの生活の中にも浸透してきています。


例えば昨年では、人工知能が世界大会でなんども優勝しているプロの棋士を倒すということがありました。また、15歳のプロ棋士、藤井聡太氏もAIで将棋のトレーニングを積んで数々の記録を塗り替えています。


こういった環境の変化の中で、あなたはこれからの人生について、楽観的ですか、悲観的ですか?


多くの日本人にとって、これからの仕事や生活、将来のお金や子供たちの未来を考えると、どう考えても、今の日本で、明日が今日より良くなると思える人は少ないでしょう。


むしろ、人口も減り、高齢者が増え、経済は衰退し、隣国の脅威にさらされ、そしてAIによる仕事を奪われる恐怖など、漠然とした不安が心を覆っていないでしょうか。現代人の心の中を一言で表すと「不安」という一言に集約できるでしょう。


「LIFE・ SHIFT」というリンダ・グラットンさんの書いた書籍が日本でも35万部を超えるベストセラーになっています。本書の前に刊行した「WORK・SHIFT」という働き方のシフトを書いた書籍も売れました。


こちらも、人生100年時代に、特に人生の後半の生き方を変えていく必要を説いています。


長寿化により、引退後に余生を楽しむという人生は終わり、働き方は「教育」「勤労」「引退」の3ステージから、マルチステージへ移行すると説きます。


戦後高度経済成長化のステレオタイプの人生設計・人生戦略はもはや通用しません。


いつまでも見ないようにするのか、そうした事実や時代を受け止めて、適応しようとするのか。自身が取る行動によって、未来は違ったものになるでしょう。


いつの時代も生き残るのは、変化できるものだけですから。1年後、5年後、10年後、20年後、後悔をしないために。


コチラの情報を絶対に見ておいてください。

 →新しい人生設計、人生戦略のTHE LIFE CHANGE プロジェクト