9635cdfaa616e753b023c82fd607ed73_s

久しぶりに地元の知人と電話で近況報告をしましたが、以前電話した時よりも元気になっていると言われました。確かに、今は職場にも恵まれて、プライベートも充実しており、言う事なしの状態です。インフラエンジニアを初めて、10年以上経過していますが、今の時期が一番、充実しているかもしれません。


そして、私は派遣社員として働いていた期間が長かったんですが、今の職場にも、色んな派遣会社から常駐している人がいます。


色んな会話をしていく中で、派遣会社に勤める方のモチベーションが上がらない理由について、客観的に理解することができましたので、派遣会社の役員の方は、社員のモチベーションをあげるための仕組みづくりを検討されたほうがいいと思います。


ちなみに、私が最後に、東京で働いた派遣会社は規模は小さいものの、社員への還元率や、フォローなどを含めると、本当にいい会社だったと思います。自分の当時のスキルのなさで、結果、地方へ移住を選択しましたが、もし、自分にもっと力量があれば、その会社で働き続けたのではないかと思います。


いい会社に入ることは、自分自身の成長にもつながります。一方、ダメな派遣会社に入社してしまった場合は、時間の無駄です。だから、会社はいい人材を確保したいのであれば、社員のモチベーションをあげる努力をしなければ、人材流出からは、逃れられないと思います。


では、本題に戻り派遣会社が社員のモチベーションを上げる改善点について言及したいと思います。


結果を出している社員には、特別報酬を与えよ

会社が大きくなってくると難しいかもしれませんが、結果を出している社員には、しっかりと報酬を与えるべきです。これは、派遣会社だけに言えないかもしれませんけど。


例えば、システム構築で5000万円の利益をもたらす社員と、1000万円の利益をもたらす社員がいたら、当然、5000万円の社員には、それなりに報酬を与えるべきだと思います。例えば、以前、カプコンがテレビでとりあげられていた時に、ストリートファイターを作り上げた社員は、会社員とは思えないくらいの報酬をもらっているという話がでていました。


もちろん、会社なので、そういったチャンスがある、なしで、稼げる、稼げないということがあるかもしれませんが、会社が社員の実力を発揮できるチャンスを与えることで、お互いにwin-winになるのではと思っています。ただ、ホリエモンもよく言っていますが、誰でもできる仕事には、当然、高い報酬がでるわけがありません。


だから、自分でそういった仕事をもらう努力をしなければならないですし、会社側もそれにこたえてあげる必要があります。やる気もないし、頑張らない社員に、高度な仕事をふっても仕方がないですし、それなら給料が安くても仕方がないでしょう。


しかし、稼げる社員に対しては、しっかりと差別化して報酬を与えるべきです。仮に、結果を出している社員と、そうではない社員に対して、同じ報酬を与えていたら、当然、頑張っている、結果を出している社員のモチベーションは下がるでしょう。


例えば、私が当時勤めていた派遣会社は、フラットな給与体系だったので、業界2年目と、10年以上のキャリアがあった自分とで、給与の逆転がありました。理由は、会社の資格手当でした。その会社は、昇給制度がしっかりしていない分、資格をとることで、給与をあげることができます。結果、社員の能力とは別に、給与の逆転が起きるのです。こんなことがあれば、当然、社員のモチベーションは下がります。


顧客への請求単価は20万円以上違うのに、社員に支払われる給料が逆転してしまうのです。こういった意味不明な給与システムをもっている企業は、さっさと辞めたほうがいいですね。むしろ、会社は優秀な社員に対しては、正しい報酬を支払うべきですが、その前に、評価制度を見直したほうがいいかもしれないですね。正しい評価ができない会社が、正しい報酬を支払えるわけがないのですから。

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s


30代になったら、メンバーを育成できる社員を評価せよ

社会人になって感じることですが、20代と30代の違いは何かというと、マネージメントが絡んでくると思います。20代はとにかく目の前の仕事をこなすので必死かもしれませんが、30代はそうはいきません。


これまでの経験を活かして、後輩の育成や、ビジネスの拡大などを意識する必要があります。これは、派遣会社も同様です。派遣会社の場合は、自社でビジネスを展開しているケースもありますが、多くは、人を出してお金を稼いでいると思います。


その場合、常駐する人間を増やすことが収入につながります。現場で人を増やすのはいいですが、重要なのはそこでのチームワークです。人が増えると、当然、チームを取りまとめる必要がでてきます。そこでのリーダー的な存在の価値はとても大きくなります。


以前の派遣会社で、リーダーに不向きな人間をリーダーにおいたケースがあります。結果、自分の仕事もまともにできず、当然、メンバーのフォローもできず、結果、チームは崩壊。リーダーは、コミュ障害を患っていたので、メンバーはうつ病と診断されて、休業。その時のメンバーと会話をしたことがありますが、現場は通夜のようだったそうです。


一方、無茶な現場でも、リーダーシップを発揮できる適材適所の方が、リーダーとなった際には、目標に向かってメンバーが一丸となり、結果、いいパフォーマンスを出したこともあります。それだけ、リーダーの価値は大きいのです。


だからこそ、派遣会社は、メンバーの育成やフォローができる社員を育てる、もしくは、評価する必要があります。残念なのは、現場で、新人や経験の浅い方をフォローしても、しなくても、給料が上がらない派遣会社が多い事です。育成、フォローは意外と負荷がかかるので、そこはしっかりと給与に反映してあげましょう。


顧客評価を最も重要な評価判断基準にせよ

そして、重要なのがその社員の評価です。多くの派遣会社はダメな仕組みで、評価していることが多いです。例えば、以前の会社は、自己評価と上司との評価採点で給料が決まっていました。上司も派遣会社の勤務なので、当然、仕事を一緒にしないケースもあります。


そんな人が正しい評価ができるわけがありません。さらに、自己評価だって、自分でどうつけるかなんて、その人次第です。自分に厳しい人と、そうではない人で、厳しい人が損してしまいます。


というか、実に合わない評価制度なんてむしろ、導入してはダメです。重要なのは現場の声です。例えば、顧客の評価が高いとか、チームで入れているなら、メンバーの評価が高いとか。


そういった点でみないとまともな評価なんてできません。これは、エンジニアだけの話ではありませんが、現場が一番、重要な情報があるのです。オフィスでは判断できるはずがないのです。


まとめ

いつも思う事ですが、人間は会社にとって財産です。使い捨てではあってはならないのです。そこを考えれば、おのずと、大事な社員を正しい評価をして、喜ばせてあげたいと思うはず。そこが、ホワイト企業になる為に大切な要素だと思います。


そもそも、ブラック企業があるから、ホワイト企業なんて言葉があるんでしょうけれど。派遣会社によっては、見込み残業があったり、給料が安かったり、本当にブラックだなと感じることが多々あります。その為、この会社は違うなと思ったら、転職したほうがいいと思いますね。


d6fdce893a45a63a3f531f3810a2e4a2_s

そして、今の会社の給料に不満があるという方で、転職を検討している方にオススメなのが、”workport”です。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 


例えば、リクナビなどの転職サイトだと、自分の登録したスカウトを見て、気になった企業がオファーをしてくれますが、中々、自分が思うような企業に巡り合えない場合があります。リクナビはあくまで転職サイトなので、自分でレジュメを入力し、自分で動く必要があります。


しかし、サイトだけの情報だと、企業の細かい情報や求人などから見えない部分が分からない事が多いです。


workportなどの転職エージェントは、企業と仕事を探している人の間に立ち、転職活動で助かるような情報を共有してくれるので、企業を選ぶ際に、欲しい情報が手に入る可能性があります。


例えば、私はLinuxはあまり経験がないのですが、求人だとLinuxの構築、運用経験が最低3年とかかれていました。


その為、その求人は自分に合わないと思ったのですが、いざ、workportの担当者が求人を募集している担当者と話をしたら、Windowsサーバの構築経験があれば、Linuxの経験が少なくても大丈夫という情報を知る事ができました。


求人情報では、確かに企業が欲しい求人が書かれているのですが、それだけでは分からない情報というのが確かに存在する訳です。


その為、私たちのような仕事を探している人と、企業をつないでくれるworkportのような転職エージェントの存在は、より円滑に仕事を探す事ができるようになるのです。

《ワークポートがオススメの4つの理由》
①新規求人と非公開求人多数専任チームが毎日新規求人を発掘中。求人の鮮度は転職成功の大きな要素。鮮度のよい求人を常にお届け致します。また非公開求人が多いため、登録後に御覧いただける求人の多さには自信があります。

②無料セミナーが充実
転職成功の為に数多くのセミナーを開催。まずは転職の基本、履歴書・経歴書の書き方から面接の対策。
そして企業とコラボレーションした採用直結型の企業セミナー。また複数の企業を招き開催する合同セミナーなど。転職を成功へと導くセミナーが揃ってます。

③スケジュール管理ツールがすごい
『eコンシェル』というオリジナルシステムをご提供致します。
スケジュールの管理、選考結果の管理、新規求人のご提案、セミナーのご案内など転職に必要な情報をひとつにおまとめ致します。

④担当コンシェルジュの変更が可能
人材紹介サービスを利用される方の不満のひとつは担当者との相性。ワークポートはこの問題に真摯に向き合った結果、担当コンシェルジュの変更希望受付窓口を設置しました。 
あなたの可能性を相性というささいな事で潰したくはありません。心地よくご利用頂くために、ワークポートがだした答えのひとつです。

職場選び一つで、年収が100万円以上違う事って平気であります。


安い会社に入ってしまうと、ずっと安い給料でこき使われる事があるので、自分のスキルに対してもらっている給料が少なすぎる!と感じている方は、転職するのもアリだと思います。


そして、会社勤めより稼げるのがフリーランスエンジニアという働きかたです。私が今、お世話になっているのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

以下は私と同じインフラエンジニアの方ですね。なんと年収が900万円!これがエンジニアで頑張る醍醐味ですね。
インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円
インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)略歴 
4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。
経験スキル Linux、Cisco、AWS など

単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


私は地方でフリーランスの仕事がないと思っていたので、最初に派遣会社に勤めましたが、最初からフリーランスになっていれば、、、と今では思います。ちなみに、派遣時代の年収は、400万円以下です。


現在は、月額24万円→55万円に大幅アップしました。


働く場所によりますが、フリーランスになれば、残業時間などにもよりますが、700~800万円は稼げます。その代わり、自分で確定申告とか年金を支払う必要があるので、これくらいもらわないとね、、、という感じです。


派遣会社に勤めて、給料が安くて困っている方は、フリーランスになることで、大幅な収益アップを狙えます。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


仕事はお金がすべてではありませんが、やはり、報酬がいいほうがモチベーションがあがります。モチベーションはすべての根源なので、社員のやる気を出させる仕組みづくりが重要ですね。