先日、我が家もニンテンドースイッチのスーパーマリオ オデッセイを購入したことを書きました。ニンテンドースイッチ自体が入手が困難という話になり、まだ。ハード自体をゲットできていない人もいるから、ソフトより先にハードが欲しいという人もいるかもしれません。


近所のゲオでも抽選という話がありました。特にクリスマスシーズンはなんとかゲットしたい親御さんも多いのではないでしょうか。そして、これを購入したのも、やっぱり家族でプレーできそうというところですかね。


そして、ようやくスーパーマリオオデッセイが自宅に。
PIC_20171202_131654

対応コントローラー:Nintendo Switch Proコントローラー
プレイモード:TVモード、テーブルモード、携帯モード
プレイ人数:1〜2人
インターネット通信プレイ人数:1人 ※TVモード、テーブルモードは2人プレイに対応しています。
対応言語:日本語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、オランダ語、ロシア語、中国語
マリオ、世界の旅へ。Nintendo Switch向けソフトに新作3Dマリオが登場します。
大きな箱庭ステージを縦横無尽に走り回るマリオは『スーパーマリオサンシャイン』以来15年ぶり。

【商品説明】
Game Critics Awards Best of E3 2017
コンピューターゲームの国際見本市E3 2017の出展作品の中から選ばれる賞に「スーパーマリオ オデッセイ」が作品賞を含む3部門で受賞しました。

・Best of Show (作品賞)
・Best Console Game (コンソールゲーム賞)
・Best Action/Adventure Game (アクション/アドベンチャーゲーム賞)

●キノコ王国を飛び出して、世界の旅へ。
今度のマリオは、とある地球が舞台。『スーパーマリオサンシャイン』以来15年ぶりとなる、大きな箱庭ステージを舞台としたマリオ。

●クッパの目的は、ピーチとの結婚式
盛大な式を挙げるために、クッパは世界中を巻き込んで準備を開始。

●結婚式を阻止するために
マリオは「オデッセイ号」に乗って、未知なるさまざまな国を旅していく。

●帽子の国の住人、キャッピー
マリオの帽子に変身した彼と一緒に、クッパの足取りを追いかけていく。

●新アクション「帽子投げ」
敵を倒したり、仕掛けを動かしたり。投げた帽子を足場にして、遠くにジャンプも出来る。Joy-Conを振る方向で、帽子を投げる方向も変わるぞ。

●新アクション「キャプチャー」
帽子を投げて、敵キャラやモノなどに乗り移ることができる。

●巨大な恐竜でも、思いのままに
キャプチャーした相手によって、さまざまな力を発揮できる。


続いて、スーパーマリオオデッセイのファミ通レビューを紹介します。「39点」で高得点でお勧めです。
PIC_20171202_115125


●乱舞吉田(10点)
いつもの「マリオ」の面白さに加えて、帽子を使った新アクションやキャプチャー能力が新鮮。Joy-Conのジャイロ機能を活かした両手持ち操作も、いい感じでなじみます。各ステージは、「こんなこともできるかな?」という興味に対して、しっかりとリアクションが用意されており、発見と驚きに満ちている。いままでとは違ったリアルタッチの世界もインパクトがあり、新天地を目指して旅を続けたくなるね。

●ジゴロ☆芦田(10点)
マップが非常に検索し甲斐のある作りで、驚きや発見の喜びに満ちているのがすばらしい。多彩なギミックでプレイヤーを飽きさせず、パワームーンや各国のコインを探して、隅々まで走り回りたくなる。キャップを使ってのアクションは新鮮で”キャプチャー”によってさまざまなキャラを操作できるところもおもしろい。”おたすけモード”やふたりプレイなど、手厚いサポートも万全で、安心して遊べます。

●本間ウララ(9点)
新アクションの”帽子投げ”はブーメランのようで、Joy-Con操作と相性も良好。敵や動物をキャプチャーすることで、思いもよらない突破口が開けるのも楽しい。各国のフィールドにはいろいろな仕掛けが隠されていて探索するのがおもしろいし、なるほどと唸るギミックも多数。壁麺をうまく使った、ファミコン風の2Dエリアも新鮮です。クリアー後に開放される要素もあって、長く遊べるのもうれしいね。

●ローリング内沢(10点)
まるで良質な旅を体験しちえるような、ワクワク感に満ちた構成がすばらしい。マリオの着せ替えを始め、帽子を投げる攻撃や、敵をキャプチャーして変身するギミックなど、シリーズとしては斬新なのだけれど、ヘンに奇をてらったものではなく、「マリオ」らしいプレイ感覚はそのまま。安心感と新鮮味を両立させたゲームバランスは、秀逸のひと言。箱庭の中を隅々まで楽しめるようなマップデザインも◎。


全体的に、やはり新機能のキャプチャーが話題になっていますね。後、広い世界を隅々まで移動できたり、やっぱりマップを移動するのが本当に楽しいですね。


そして、実際にプレーした感想ですが、とにかく面白いです。昔の2Dの頃のマリオしかしらないと、本当に感動します。ついにマリオもこの領域になったかと。


家族、小さいお子さんがいるといいのが、やはり二人でやる強力プレーです。キャッピーが不死身なので、ゲームが苦手なお子さんはキャッピーでもいいかもしれませんし、親御さんがフォローでもいいかもしれません。



この冬間違いなく購入したほうがいいニンテンドースイッチのゲームソフトだと思います。子供にもお助けモードなど、配慮が色々とされているので、一緒に頑張ればステージを勧められると思います。


また、オデッセイの攻略サイトもあるので、参考にすれば進められると思います。この冬はマリオオデッセイがお勧めです。今年の正月はこれをがっつりプレーということになりそうです。