90f47aa9e34746c29628700292b8a9cf_s

今はフリーランスとして活動をしていますが、サラリーマン時代は、同僚の多くは”給料日”というキーワードで盛り上がります。 先日も職場で飲み会があったんですが、支払いは私がまとめてしたので、お金を徴収しようとしたところ、「今月は厳しいから来月でもいい?」と言われてしまいました。


お金って使えば当然なくなりますが、人によってはギャンブルでお金を使ったり、日々、飲み会でお金を浪費して、毎月お金が手元に残っていないという人がいます。前の職場でも、若い人がキャバクラ通いで、月末は借金して飲みに行っているのを聞いてびっくりしました。


その為、「今日、給料日だよね!飲みに行こう」 とかいう話題が出てくるのです。


確かに、日々の頑張った労働の成果としてもらえる給料が入る事はうれしいですが、給料が入ったから「・・・をする」という発想は、資産構築において間違っています。



なぜなら、給料を毎月楽しみするという事は、給料が入らないと生活がギリギリである事を示しています。実際、同僚の中には、「給料までの1週間を数千円で過ごさないといけないから、食事はおにぎりだけ」という人もいます。


そういった人は、毎月の給料を月の前半に使ってしまい、自転車操業的に、毎月の給料をあてにした生活スタイルになっています。これは、とても危険なことです。若いうちは、自分だけの生活を考えればいいですが、家族ができると、想像以上に出費が多くなり、とても生活できなくなります。独身の人で勘違いしている人もいますが、結婚すると、自由に使えるお金がいっきになくなるので、結婚する前から意識しておいたほうがいいです。


毎月の給料から貯金額を決めているかどうか

月末になるとお金がないという人でも、毎月の給料から貯金するお金を別でとっている人であれば、むしろ正しい資産管理になっています。例えば、毎月積み立てでもいいですし、最低でも数万円は貯蓄をするようにしているとか。そうすれば、年間で数十万円の貯蓄ができるようになりますね。理想は、100万円くらい貯金ができたら老後も安心です。以前も、有名なメルマガ発行者が、老後に3000万円ないと、辛い生活を強いられるという発言をしていましたが、その言葉を聞いて、「全然、貯金できていない!」という人はちょっとまずいかもしれません。


例えば、手取り20万円で毎月1万円程度の貯金だと、年間で12万円程度しか貯金できません。この程度の金額だと、何かあった時に、すぐに貯金も底をつくでしょう。以前、東京で勤めていた会社の後輩は、毎月20万程度の手取りしかなくても、お弁当は自炊、お茶も自宅で沸かしたものを持参してきている節約家で、毎年100万円近くの貯金に成功しているそうです。


個人的には、貯蓄だけがすべてではないと思いますが、無駄な出費はなるべく抑えるという点では、素晴らしいと思います。そして、当時、面白かったのが、その後輩の同期が浪費家で、風俗も利用するし、お金が毎月ないと言っていました。一方は年間で100万円の貯金ができて、一方は貯金がゼロ。給料は変わらないはずなのに、貯金額が100万円違うわけです。入社してから、5年くらいは経っていたので、学生時代と合わせると、700万円以上の貯蓄の差額があったわけです。すごいですよね。


そして、女性だったら、貯金がゼロの人と、1000万円貯金がある人のどちらと結婚したいかということです。当然、資産管理がしっかりとできている人ですよね。


51eb07af9b60537a221599db965f2882_s


貯蓄したお金の使い方を考えることが重要

稼いだ給料から節約して貯蓄する事は大切です。しかしながら、もっと大切なのは、貯蓄したお金をどう使うかです。例えば、若いうちなら、自己投資、人脈構築の為にお金を使う事はとても重要です。特に、人脈を作るのが得意になれば、人生に何度もターニングポイントが訪れます。


逆に、自ら行動しない人というのは、自ら環境の変化を求めていないので、劇的に環境が変わることはありません。


私は20代後半まで、日雇い作業員として働いて、貯金もほとんどありませんでした。しかし、同じ日雇い作業員で働いていた友達が、親のお金で専門学校に通いだし、IT会社へ転職していきました。その数年間の間に、自分の将来を考えて、とても不安になりました。そして、一念発起してIT業界へ転職する事に決めたのです。


そのきっかけがなければ、私は今も日雇い作業員をしているかもしれません。その出会いも、日雇い会社の中から生まれたのです。自分を変えるチャンスは、どこにでもあるという事に気づかされました。


そこから、私は仕事において、人脈を作ることを大切にしています。先日も、5年以上前にお世話になったお客さんと飲み会をする事になりました。仕事の話につなげる事ができれば、一度の飲みで何倍もの投資になることもありえます。私の知る限り、起業して成功している人の多くは、間違いなく人脈を持っています。そして、自己投資を惜しみません。そういった人と巡り合う為にも、日々、お金を使い方を勉強する必要があるのです。


不要な出費は抑えて、必要な時はしっかりと使う。お金は使う事で価値がでます。お金を自分の人生に効果的に働いてもらう事、一度、考えてみてください。


まとめ

まとめですが、まずは貯金を増やすことを考えたほうがいいですね。ただし、無理やり節約をすると疲れてしまうので、無駄な出費がないかをチェックすることです。例えば、飲み会やギャンブルですね。特に飲み会は、かなりの出費になるので注意です。キャバクラなんて、貯金の敵ですからね。後、ギャンブルも早いうちに辞めたほうがいいです。


そして、稼げるようになるということも目指してはいいかもしれないですね。私はフリーランスに転身してから、1年間で300万円近く、貯金ができるようになりました。これも、サラリーマン時代には考えられない金額です。せっかく貯金ができるようになったので、まずは、貯金1000万円を目指そうと思います。こういった目標ができると、人生はハリができて、楽しくなりますよ!


お勧めのフリーランス案件を紹介してくれる会社


ちなみに、私が今、一番お世話になっているのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

以下は私と同じインフラエンジニアの方ですね。なんと年収が900万円!これがエンジニアで頑張る醍醐味ですね。
インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円
インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)略歴 
4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。
経験スキル Linux、Cisco、AWS など

単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


私は地方でフリーランスの仕事がないと思っていたので、最初に派遣会社に勤めましたが、最初からフリーランスになっていれば、、、と今では思います。ちなみに、派遣時代の年収は、400万円以下です。


現在は、月額24万円→55万円に大幅アップしました。


働く場所によりますが、フリーランスになれば、残業時間などにもよりますが、700~800万円は稼げます。その代わり、自分で確定申告とか年金を支払う必要があるので、これくらいもらわないとね、、、という感じです。


派遣会社に勤めて、給料が安くて困っている方は、フリーランスになることで、大幅な収益アップを狙えます。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】