ec4d751079f2e3815883c521e59d16e9_s

インフラエンジニアとして働き始めてもう10年以上になりますが、この仕事が大変というよりは、現場がブラックを作っているということにようやく気付きました。職場によってやりがいもあれば、一週間で辞めたくなるような現場もありますが、どれもすべて環境によるものです。


そして、ひどいところだと立場を利用していじめみたいなことをする環境もあります。そういった環境で働き続けると精神が病んでしまうので、さっさと辞めるほうがいいのですが、日本人はまじめなので、ぎりぎりまで頑張ってしまうことがあるので、要注意です。


ということで、これはブラックだろうという内容を列挙してきますので、当てはまるケースが多い場合は注意が必要です。

残業時間が36協定の限度時間をすぐに超える


まず、ブラックの代名詞が残業時間が多すぎることです。多少の残業は収入増加にもつながるしいいかもしれませんが、限度があります。


私も以前、100時間を超える残業をしたことがありますが、精神をかなり病んでしまいました。基本、自宅に帰るのは寝るためだけですからね。毎日、深夜まで仕事をして、終電ぎりぎりで帰宅。


そして、起きたらすぐに仕事。土日も出ることがありました。最近は、電通の問題もあってか、残業時間を減らす方向に進んではいますが、それでも毎月45時間を超えるような現場は要注意です。しかも、慢性的に残業が多い場合も注意が必要です。


また、働きすぎて疲れがたまると、精神的にも病んできて、ひどい場合、うつ病などにもつながるので、社畜奴隷にならないように注意が必要です。私も疲弊しすぎて、精神が参りそうになったことが何度もあります。


会話できない、相談できない

現場によってお通夜のように全く私語ができないような現場もあります。仕事をしているんだから、私語厳禁!と言われそうですが、全く話ができないのは息が詰まります。


そして、私語ができない雰囲気の職場はありますが、中には相談もしにくいという現場もあります。例えば、仕事で聞かないと分からないことがあっても、すべてメールでやりとりみたいなところもあるようです。


会社にきて、仕事が終わるころに「今日もひと言も誰とも話をしていないな~」という職場は、仕事がしにくい環境なのではないでしょうか。仕事においては、コミュニケーションがとても重要なので、会話ができない、相談しにくい環境はある意味ブラックともいえるでしょう。


そして、私が経験した最悪な現場は、挨拶すら無視されるということもありました。まぁ、そういった最低限度のことすらできない会社は、間違いなくブラックでしょう。


職場で上司や先輩の怒号(怒鳴り声)がしょっちゅう聞こえる

最近はパワハラとかセクハラとか、色々と厳しくなってきましたが、地方の昔ながらの会社は、いまだに怒号、怒鳴り声が聞こえるという現場があります。


平気で部下に「おまえバカか」「死んだほうがいい」とか、信じられない発言をする上司や先輩がいます。


私も経験がありますが、そういった現場はうつ病製造機みたいな現場になることがあります。そういった上司がいる現場で、以前、とても優秀な人材が精神をやられて、会社を辞めていきました。


一人のブラック上司が、優秀な人材をつぶしていくのです。そして、そういった上司についていけた人間は、同様に部下に接してしまうことがあります。まさに負のループです。ひとりでもうつ病を作った実績がある人間は、会社として要注意したほうがいいですが、なまじ仕事ができると、中々切れない、降格させられないことがあるので、難しいですね。


まとめ

ブラック企業で働くことは、精神的にも肉体的にも辛いことです。仕事を難しく、大変にしているのは人間です。


人間がブラックな環境、企業、組織、人を作るのです。また、ブラック企業があれば、ホワイト企業があるのも事実です。自分は明らかにブラック企業に勤めていると感じている方は、転職を考えてもいいのではないかと思います。
 

私も身軽なフリーランスとして活動しているので、ブラック企業だと判明したらなるべく早く現場を変わるようにしています。自分が能力を発揮しやすい環境で働くほうが自分自身、会社の両方にプラスになりますからね。

d6fdce893a45a63a3f531f3810a2e4a2_s

そして、今の会社のに不満があるという方で、転職を検討している方にオススメなのが、”workport”です。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 


例えば、リクナビなどの転職サイトだと、自分の登録したスカウトを見て、気になった企業がオファーをしてくれますが、中々、自分が思うような企業に巡り合えない場合があります。リクナビはあくまで転職サイトなので、自分でレジュメを入力し、自分で動く必要があります。


しかし、サイトだけの情報だと、企業の細かい情報や求人などから見えない部分が分からない事が多いです。


workportなどの転職エージェントは、企業と仕事を探している人の間に立ち、転職活動で助かるような情報を共有してくれるので、企業を選ぶ際に、欲しい情報が手に入る可能性があります。


求人情報では、確かに企業が欲しい求人が書かれているのですが、それだけでは分からない情報というのが確かに存在する訳です。


その為、私たちのような仕事を探している人と、企業をつないでくれるworkportのような転職エージェントの存在は、より円滑に仕事を探す事ができるようになるのです。

《ワークポートがオススメの4つの理由》
①新規求人と非公開求人多数専任チームが毎日新規求人を発掘中。求人の鮮度は転職成功の大きな要素。鮮度のよい求人を常にお届け致します。また非公開求人が多いため、登録後に御覧いただける求人の多さには自信があります。

②無料セミナーが充実
転職成功の為に数多くのセミナーを開催。まずは転職の基本、履歴書・経歴書の書き方から面接の対策。
そして企業とコラボレーションした採用直結型の企業セミナー。また複数の企業を招き開催する合同セミナーなど。転職を成功へと導くセミナーが揃ってます。

③スケジュール管理ツールがすごい
『eコンシェル』というオリジナルシステムをご提供致します。
スケジュールの管理、選考結果の管理、新規求人のご提案、セミナーのご案内など転職に必要な情報をひとつにおまとめ致します。

④担当コンシェルジュの変更が可能
人材紹介サービスを利用される方の不満のひとつは担当者との相性。ワークポートはこの問題に真摯に向き合った結果、担当コンシェルジュの変更希望受付窓口を設置しました。 
あなたの可能性を相性というささいな事で潰したくはありません。心地よくご利用頂くために、ワークポートがだした答えのひとつです。

職場選び一つで、年収が100万円以上違う事って平気であります。


安い会社に入ってしまうと、ずっと安い給料でこき使われる事があるので、自分のスキルに対してもらっている給料が少なすぎる!と感じている方は、転職するのもアリだと思います。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】