正月休みは長めでいいですね~。普段、仕事ばかりで中々長期的な休みがとれないので、こういった休みはうれしいです。


さて、正月に困るのが食材ではないでしょうか。お店はほとんど12月31日で閉めて、1月1日、1月2日はお店が開いていないことが多いです。中には1月1日から開いているお店もありますが、少ないですよね。


そして、我が家も買い忘れなどがあって、正月にごはんどうしよう~なんてことがあって困ったことがあるので、今回は、大好きな「もんじゃ」を購入してストックしておきました。


最近食べてなかったので、正月は久しぶりにもんじゃ焼きを食べることに。そして、いつものように「月島もんじゃ焼 材料セット ソース味」を購入しました。


もんじゃを自宅が気軽に楽しめる商品です。



商品の説明
東京月島の名物もんじゃ焼きがご家庭で手軽に楽しめるもんじゃ焼き材料セットです。


今回、準備したのは豚肉とキャベツ、そしてもちとチーズですね。基本はキャベツがあれば大丈夫ですが、豚肉などがあれば完璧ですね。


キャベツは千切りでカットします。なるべく細めに切ったほうが美味しいと思いました。そして、もちは細かくカットして、最後にチーズを乗せて完了です。
PIC_20180101_121607


味は当然、美味しいです。これやっぱりビールと合いますね。自宅で気軽にもんじゃ焼きが楽しめるのでお勧めです。私は現在、福岡に住んでいますが、福岡の場合は明太子を入れてもめちゃくちゃ美味しいです。冷蔵庫にある方は是非、入れてみてください。


東京で仕事をしていた時に、何度が月島でもんじゃを食べたのが懐かしいですね。東京にまた行く機会があれば、また、訪問してみたいです。


そして、このシリーズは、実は”月島 もち 明太子 もんじゃ焼”が美味しいです。以下は過去に食べた時のものです。



【商品説明】
「月島もち明太子もんじゃ焼 材料セット ソース味 2人前 106g」は、東京月島の名物もんじゃ焼きがご家庭で手軽に楽しめるもんじゃ焼き材料セットです。柔らかなもちの食感と明太子の辛さの組み合わせが絶妙な味わいです。本場月島の味をお楽しみください。
原材料に含まれるアレルギー物質
えび、小麦、乳、いか、大豆、りんご
原材料名
●月島もんじゃソース(ウスターソース)・・・野菜・果実(トマト、たまねぎ、プルーン、にんじん、りんご)、醸造酢、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、食塩、たん白加水分解物、香辛料、煮干エキス、カラメル色素
●あげ玉・・・植物油脂、小麦粉、澱粉、醤油、食塩、イカエキス、調味料(アミノ酸等)
●もんじゃ焼ミックス粉・・・小麦粉、澱粉、砂糖、食塩、膨脹剤、調味料(アミノ酸)
●明太子加工品・・・たらこ、食塩、植物油脂、乳糖、コチュジャン調味料、魚醤、唐辛子、澱粉、調味料(アミノ酸)、紅麹色素、酸化防止剤(ビタミンE)、(原材料の一部に小麦を含む)
●切りイカ
●小エビ

作り方はとても簡単で、中の具材と千切りしたキャベツを混ぜて、焼くだけです。

20140907_191713

裏面に丁寧に作り方が書いてあります。
20140907_191721

こちらが開封した状態です。
20140907_191948


上記を説明書通り混ぜます。ちょっとキャベツの量が少な目ですが、かなり入れても大丈夫です。
20140907_192932

後は、焼くだけという簡単料理♪
20140907_193131

今回は、土手を作らずに、一気に焼き上げます。
20140907_193216

5分もしたら、食べれる状態に!グツグツしている感じが食欲をそそります!
20140907_193334


食べた感想ですが、やっぱりこのシリーズは、明太子と”もち”がはいっているのがいいですね~!


キャベツはたっぷり入れないと、味が濃くなるので、野菜はたっぷり入れた方が美味しいです。そして、今回は入れていませんが、おススメはチーズです。チーズ入れると、格段に美味しくなります。


こちらの商品は明太子をわざわざ買わなくていいのが魅力です。明太子って意外と高いですからね。もんじゃは冷蔵庫の余った材料を使えるので、オリジナリティが出せるところもいいですね~^^