私は車を運転しませんが、以前は仕事で運転をしていました。当時、一度だけ警察にお世話になったことがありますが、それが運転中のスマホの利用です。


先日も家具をリサイクルショップで購入したんですが、家の詳細を伝えていて、運転していた方が運転中だったらしく警察にお世話になったそうです。その時は、点数だけ引かれたそうなので、まぁよかったと言っていました。


そして、以前大阪に遊びに行ったときに、大阪は違反駐車が多いという話を聞きました。そこで、違反駐車をしても違反点数を加点されない、違反金だけ払う方法をお得技の雑誌で紹介されていました。


例えば、車に戻ってきて駐車違反で車両に「確認標章」が貼られていたとき。そんなときは、確認標章をもとに警察へ出頭するのが普通だと思われるかもしれませんが、得策ではないそうです。


警察に出頭した場合は、運転手の責任が追及されて、青切符により違反点数が加点されてしまいます。


そこで、どうすればいいかというと、納付書が届くのを待つのが正解だそうです。違反日から1~3週間ほどで自宅に届くので、それをもとに放置違反金を納付すれば、違反点数は加算されないということです。


ただし、同じ車両で6か月以内に放置を繰り返してしまった場合は、管理責任を問われて車両の「使用制限命令」が下されるそうなので、利用は限定されるかもしれないですね。