ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

子供ができてから感じることですが、とにかくお金が必要です。ひとり暮らし、嫁と二人の時は、月収30万円あれば、十分に暮らしていくことができて、たまに外食もできて楽しかったんですが、子供ができるとそうはいきません。


いろんなことにお金がかかるようになり、一気に貧乏になった気がします。その為、子供ができてから生活にゆとりを感じるには、若い時に頑張るしかありません。ただ、人はどんな環境であれ、一度慣れてしまうと、そこから抜け出すのは難しくなります。



例えば以前の職場では、運用をずっとやっていて給料が全く上がらないという人もいました。だらだらと同じ環境で働いていると、ずっと給料が上がらない可能性があります。ある求人を見てびっくりしたんですが、地方だと、オペレーターの仕事がなんと年収で200万円台。実は私も過去に、ありえない安い会社で働いていたことがあります。


その時は、月収15万円です。残業しなければ、年収200万円以下。さらに、手取りが9万円だったので、手取り108万円です。信じられないくらいの安さですが、私はそこからスタートしました。


今でこそ、月収60万円以上、年収で700万円以上ありますが、この金額は、私が地元で建築の仕事をしていた時の、2.5倍くらいの給与を毎月もらえる事になります。しかも、IT業界は残業が多いので、実質は、3~4倍の給与は稼ぐ事ができるでしょう。


これも、当時、20代後半にして、危機感を感じてIT業界に飛び込んだ事によって、実現した結果なんだと思います。つまり、稼ぎたかったら頑張る、行動するしかないのです。


そして、もう一つ言える事は、キャリアアップは自ら描く必要があるという事です。既に高い給与がもらえている方、将来がある程度予想できている方以外は、この事を真剣に考えなければ、人生において路頭に迷う事があるかもしれません。


安い給料でも働き続ける人達の将来は?

私が最初に就職したIT関連の派遣会社。最初に書いた通り、手取りは、一桁でした。


あれよりもひどい仕事をしていた時もあるので、人生で2番目に給与が低い状態で働いていました。その状態から抜け出す為に、資格をとり、設計業務を志願して、1年足らずで、給与を基本ベースで10万円アップさせることに成功しました。しかし、その会社の天井はそこから+5万円でした。


私は約4年間、その会社に勤めましたが、その会社で稼げる金額が分かっていたので、転職してよかったと思っています。ただ、当時の同僚は、まだ同じ会社で働き続けています。そして、上述で、面談をしたと書きましたが、先日、その会社の人が面談に来たそうです。
 

年齢は30代後半で、年収は300万円台。月収で言うと、30万円前後でしょうか。経験してきた技術は、悪くなかったそうですから、一般社員において、その給与が天井なのでしょう。実際、その会社の部長職についても、対して給与は変わりません。


つまり、今の私は、当時所属した会社の部長よりも一般社員の給与で、上回っているという事になります。なぜ、人は環境が悪いのに、そこで働き続けるのでしょうか。


それには、日本人独特の考え方があるのではと考えています。日本人はとにかく我慢して自己主張をしないので、能力以上に給与がもらえていない人がたくさんいます。これでは、自分がもらっている給与が妥当なのか、そして、この会社において頑張ればどれくらい稼げるようになるのか、想像できないと思います。


実際、私は転職回数が多いですが、ある職場で自分がもらっている給与が少ない事を知りました。東京で仕事をしている時に、あるフリーランスの方に出会って、給与の話をした時に、私と年収ベースで200万円以上の差がある事を教えてもらったからです。


「実力的に、もっと給与もらったほうがいいですよ!」


このアドバイスがあって、初めて、自分が不利な条件で働いている事に気づいたのです。


自分の給与を上げたいと思わなければ、中々上がらないのが実情です。日本の企業は、実力主義ではない場合が多いく、年功序列により、実力で給与があがるという事は、あまりありません。


これでは、将来性のある人材は、間違いなく辞めていき、将来のない30代以上は、居心地のよさから、会社に居残り続けるという残念な状態になります。そして、200万円前後の給料しかもらえないような会社にいても、とても結婚なんて想像できないのではないでしょうか。


私も家族の為に転職をしたり、フリーランスとして働いています。お金がないと、子供にプレゼントすらあげれません。家族を幸せにすることがモチベーションになっているのです。

a67c432a06a50ba2f2bcbf3a6f9d8bb8_s


そして、今の会社の給料に不満があるという方で、インフラエンジニアの仕事を探している場合にオススメなのが、”workport”です。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 


例えば、リクナビなどの転職サイトだと、自分の登録したスカウトを見て、気になった企業がオファーをしてくれますが、中々、自分が思うような企業に巡り合えない場合があります。リクナビなどの転職サイトは、自分でレジュメを入力し、自分で動く必要があります。


しかし、サイトだけの情報だと、企業の細かい情報や求人などから見えない部分が分からない事が多いです。さらにリクナビは再就職手当などももらえないので、転職までに期間が空きそうな場合は、注意が必要です。


workportなどの転職エージェントは、企業と仕事を探している人の間に立ち、転職活動で助かるような情報を共有してくれるので、企業を選ぶ際に、欲しい情報が手に入る可能性があります。


求人情報では、確かに企業が欲しい求人が書かれているのですが、それだけでは分からない情報というのが確かに存在する訳です。


その為、私たちのような仕事を探している人と、企業をつないでくれるworkportのような転職エージェントの存在は、より円滑に仕事を探す事ができるようになるのです。

《ワークポートがオススメの4つの理由》
①新規求人と非公開求人多数
専任チームが毎日新規求人を発掘中。求人の鮮度は転職成功の大きな要素。
鮮度のよい求人を常にお届け致します。また非公開求人が多いため、登録後に御覧いただける求人の多さには自信があります。

②無料セミナーが充実
転職成功の為に数多くのセミナーを開催。まずは転職の基本、履歴書・経歴書の書き方から面接の対策。

そして企業とコラボレーションした採用直結型の企業セミナー。また複数の企業を招き開催する合同セミナーなど。転職を成功へと導くセミナーが揃ってます。

③スケジュール管理ツールがすごい
『eコンシェル』というオリジナルシステムをご提供致します。

スケジュールの管理、選考結果の管理、新規求人のご提案、セミナーのご案内など転職に必要な情報をひとつにおまとめ致します。

④担当コンシェルジュの変更が可能
人材紹介サービスを利用される方の不満のひとつは担当者との相性。ワークポートはこの問題に真摯に向き合った結果、担当コンシェルジュの変更希望受付窓口を設置しました。 

あなたの可能性を相性というささいな事で潰したくはありません。心地よくご利用頂くために、ワークポートがだした答えのひとつです。

私も転職を上手に活用する事で、月収を1.5倍近くに上げる事ができました。これだけ上がると、生活はかなり楽になります。


派遣会社に低賃金で雇われている方に

ちょうど2015年の春ですが、東京から福岡に移住したとたん、給料が45万円→24万円になってしまいました。つまり、マイナス21万円です。


さらに、嫁もアルバイトをしてくれましたが、地方は給料が安くて3万円ちょっと。


とても生活ができない、、、と思っていたら、地方でもフリーランスとして活動できることがわかりました。以前の会社は、搾取がひどすぎて、どれだけ能力が高くても月収30万円稼げないことが分かったので、転職を考えていたんですが、フリーランスで稼げるようになりました。


おかげ様で、現在は月収で54万円ほど、そして、ブログ収益も10万円前後あるので、月収が60万円以上あります。


24万円→54万円なので、月収30万円アップです。上では派遣を紹介していますが、最初は派遣でもいいと思います。ある程度、スキルをつけて評価も上がってきたら、フリーランスとして稼ぐことも考えてもいいのではないでしょうか。


そして、フリーランスの仕事を探している方にお勧めなのが「ギークスジョブ」です。ギークスさんはフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

以下は私と同じインフラエンジニアの方ですね。なんと年収が900万円!これがエンジニアで頑張る醍醐味ですね。
インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円
インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)略歴 
4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。
経験スキル Linux、Cisco、AWS など

単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


福岡でも、案件によりますが、残業抜きで月に45~55万円くらいは稼げるようになると思います。残業次第では、地方で70~80万円も狙えるかもしれません。特に東京の場合は、100万円以上の月収を稼ぎだしている人もいるので、俺はもっと稼ぎたい!という人は、気持ちを変えて仕事に本気を出してみることをおすすめします。