最近、ようやくWindows Server 2016を導入することになりました。R2などの安定版が出るまでは、2016は導入しないという所もあるかもしれませんが、導入する機会がでてきたので、Windows Server 2012 R2同様に、IPv6を無効化する設定を確認していこうと思います。


ベースは、Windows Server 2012 R2の時に確認した内容で問題ないかの確認です。ちなみに、初期設定時は、IPv4よりもIPv6が優先されています。この仕様がWIndows Server 2016になっても同様なのか確認したいと思います。


まず、Windows Server 2016インストール後に優先度を確認してみます。


確認は以下のコマンドで実施。

-------------------
C:\Users\Administrator>netsh interface ipv6 show prefixpolicies
アクティブ状態を照会しています...

優先順位   ラベル  プレフィックス
----------  -----  --------------------------------
        50      0  ::1/128
        40      1  ::/0
        35      4  ::ffff:0:0/96
        30      2  2002::/16
         5      5  2001::/32
         3     13  fc00::/7
         1     11  fec0::/10
         1     12  3ffe::/16
         1      3  ::/96
------------------------------
「::/0」はIPv6
「::ffff:0:0/96」はIPv4
-------------------

ここでわかるのは、IPv6が優先となっていますね。


通信に遅延が起きるなどという理由で今もIPv6を使用しない環境では、IPv6を無効にする事が多いです。インターネット回線では、最近は通信の高速化などでIPv6を使う事が多いですね。


まずは、デフォルトの状態で、[ipconfig /all]を実行してみました。

------------------------------
C:\Users\Administrator>ipconfig /all

Windows IP 構成

   ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: testserver
   プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ
   DNS サフィックス検索一覧. . . . . . .: localdomain

イーサネット アダプター Ethernet0:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .: localdomain
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Intel(R) 82574L Gigabit Network Connection
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-0C-29-19-C2-E1
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::b5cd:fd60:2415:d3e8%3(優先)
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.X.XXX(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   リース取得. . . . . . . . . . . . . .: 2018年3月7日 21:42:15
   リースの有効期限. . . . . . . . . . .: 2018年3月7日 22:57:16
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 192.168.X.X
   DHCP サーバー . . . . . . . . . . . .: 192.168.X.XXX
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 50334761
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-22-31-96-7F-00-0C-29-19-C2-E1
   DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: 192.168.X.X
   プライマリ WINS サーバー. . . . . . .: 192.168.X.X
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

Tunnel adapter ローカル エリア接続* 2:

   メディアの状態. . . . . . . . . . . .: メディアは接続されていません
   接続固有の DNS サフィックス . . . . .: localdomain
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Microsoft ISATAP Adapter
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-00-00-00-00-00-00-E0
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい

Tunnel adapter ローカル エリア接続* 3:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Teredo Tunneling Pseudo-Interface
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-00-00-00-00-00-00-E0
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
   IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . .: 2001:0:4137:9e76:871:613:3f57:f661(優先)
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::871:613:3f57:f661%8(優先)
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: ::
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 134217728
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-22-31-96-7F-00-0C-29-19-C2-E1
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 無効

------------------------------


そこで、まずは、EthernetXのプロパティで、IPv6を無効にします。チェックを外すだけですね。
ipv6000000


再び、[ipconfig /all]を実行してみました。すると、トンネルアダプター以外のIPv6関連の表示は、消えました。

------------------------------
C:\Users\Administrator>ipconfig /all

Windows IP 構成

   ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: testserver
   プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ
   DNS サフィックス検索一覧. . . . . . .: localdomain

イーサネット アダプター Ethernet0:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .: localdomain
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Intel(R) 82574L Gigabit Network Connection
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-0C-29-19-C2-E1
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.X.XXX(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   リース取得. . . . . . . . . . . . . .: 2018年3月7日 21:42:15
   リースの有効期限. . . . . . . . . . .: 2018年3月7日 22:57:16
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 192.168.X.X
   DHCP サーバー . . . . . . . . . . . .: 192.168.X.XXX
   DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: 192.168.X.X
   プライマリ WINS サーバー. . . . . . .: 192.168.X.X
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

Tunnel adapter ローカル エリア接続* 2:

   メディアの状態. . . . . . . . . . . .: メディアは接続されていません
   接続固有の DNS サフィックス . . . . .: localdomain
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Microsoft ISATAP Adapter
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-00-00-00-00-00-00-E0
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい

Tunnel adapter ローカル エリア接続* 3:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Teredo Tunneling Pseudo-Interface
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-00-00-00-00-00-00-E0
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
   IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . .: 2001:0:4137:9e76:871:613:3f57:f661(優先)
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::871:613:3f57:f661%8(優先)
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: ::
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 134217728
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-22-31-96-7F-00-0C-29-19-C2-E1
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 無効

------------------------------

上記を見てもらうと「リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::b5cd:fd60:2415:d3e8%3(優先)の項目がなくなりました。


そして、レジストリでIPv6の無効化を実施しました。

①レジストリエディタを起動。
コマンドプロンプトで[regedit]

②以下の場所に、右ペインで、右クリックから「新規」 → 「DWORD値」をクリックします。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\TCPIP6\Parameters

③続いて、名前に「DisabledComponents」を入力し、DWORD 値の編集で値のデータにffと入力します。  
※コメントの情報より、修正しています。文字列を置き換えてください。

IPv6 が無効の場合ないで正しく、 DisabledComponentsレジストリ設定を0 xfffffffの値に設定は、システムの起動を 5 秒間延期されます。正しい値は、 0 xffで必要があります。


④変更後、再起動を実施します。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット