自分がやった罪がどこまで重いのかわかっているのでしょうか。ふとんの西川産業の物流倉庫に侵入して放火したのはアルバイトの犯行だったそうです。


元記事はこちら。

寝具倉庫放火か「ストレス発散」バイト逮捕


記事によると、9日、埼玉県にある寝具メーカーの物流倉庫で起きた火事で、この会社のアルバイトの男が逮捕されたそうです。以下は記事の抜粋です。※ニュース記事では実名が書かれています。

放火などの疑いで逮捕されたのは、埼玉県加須市に住むXXX容疑者(21)。警察によると、砂賀容疑者は8日午後9時ごろ、寝具メーカー「西川産業」の物流倉庫に侵入し、段ボールなどに火をつけた疑いが持たれている。

火はおよそ31時間後の10日午前3時50分に鎮火し、ケガ人はいなかった。

XX容疑者は、出火した8日は無断欠勤したのに、火事を見物する姿を倉庫の従業員が目撃しており、警察が事情を聞いたところ、放火の容疑を認めたという。

調べに対しXX容疑者は、「ストレス発散のために火をつけた」と供述しているという。

ストレス発散の為に、放火したとのことですが、罪の重さをわかっているのでしょうか。放火は、人の命に関わることもあり、大きな損害を出すため、非常に重い罪となっているそうです。そのあたりも報道すると、放火をするバカがへるのではないでしょうか。


放火したアルバイトは実名公開され、刑事罰を受け人生終わりましたね。