0d3edeeaf286d8ea4f1ec5c164fe1442_s

ブログ運営をしてきてかなり経ちますが、モチベーション維持が大変です。理由は、Googleの検索結果によるアクセスダウンが運営判断、システム判断などで、こちらの意図を考慮されずに大幅ダウンすることがあるからです。


だから、企業の場合は、SEO対策をすることが多いと思います。高いコンサル費用を払ってまで、SEO対策をするのは、やはり、企業のサービスや商品を知ってもらう為に、少しでも検索上位にする為です。


しかし、雑記ブログはどうでしょうか。


すごい勢いでアクセスを下げられます。理由として、グーグル様は、専門性の高いサイトを評価するようにしているので、雑記ブログはその対象外となりますよね。ここ最近、ブログの評価を落とされたのかわかりませんが、アクセスが急激に落ちています。


一時的にデイリーで8000PVくらいいきましたが、なんと半分くらいに落とされています。しかも、その間、ブログの記事を更新しまくっています。毎日かなりの量を更新しているので、横ばいの可能性はあるとしても、アクセスが激減するのは納得がいきませんが、まず、広告を上位に配置していた間違いは修正しました。


スマホ画面の上部と、本文上部に広告を配置していたので、これはよくないと広告を外しましたが、、、それでもダメです。ゆっくり評価が下がったとして、まだ、様子見最中ですが、アクセスの落ち方が半端ないです。おかげでブログの収入も半減。


ただ、ブログのアクセスは下がっていますが、ポイントサイトのおかげで、ポイントサイトの収益はそれほど下がっていません。こちらは、会員になってくれた人が継続して利用してくれていれば、毎月、収益が入るモデルなので、ポイントサイトを紹介してきて助かりました。


なので、やるなら、専門サイト、ブログがおすすめです。


例えば、ポイントサイトだけならポイントサイトの情報を掲載するとか、IT関連ならIT関連とか。そちらのほうが効率よくアクセスが増えそうです。雑記ブログは頑張ったわりに、リターンが少ないので、費用対効果が悪いです。


私も過去の記事がたくさんあるので、リライトして、はてなブログに移行しつつ、Livedoorブログも更新してく予定です。


ということで、ブログをせっかく育ててきたので、更新を止めることはありませんが、ブログをやるなら、はてなブログで、かつ、分野を特定化したほうがいいかもしれませんね。はてなブログはドメインパワーが半端ないので、すぐに上位表示されますし。


ということで、これからブログをスタートする人は、雑記ブログで稼ぐのは楽ではないということを肝に銘じていたほうがいいと思います。


むしろ、専門サイト、専門ブログにしたほうが少ない労力でアクセスを集めやすくなると思います。基本はネットで稼ぐにはグーグル様の機嫌を損ねないようにして、運営していかなければならないので、ネットで効率よく稼ぎたい場合は、テーマを絞って更新していくことをおすすめします。


ちなみに、私のブログも1万記事を超えましたが、平均で1記事0.5PV以下のアクセスしかない状態です。頑張って有用な記事を更新したところで、Google様の評価方法を満たしていなかったら、それは上位表示されないので、注意です。


中身が重要ではなく、評価方法を満たしているかが重要なのです。だから、たまに、検索した結果が使えないものがよく上位に表示されていることがありますが、まさに、中身をしっかり吟味しているのではなく、評価基準を満たしていたということになりますね。


ということで、雑記ブログで稼ぐのは、費用対効果が悪いのであまりおすすめできません。


私は全くSEOに詳しくないですが、そういった人にも分かりやすいSEO入門書です。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
検索上位をキープするための基礎知識とGoogle対策のすべて。ブログやサイトをゼロからはじめる未経験者、検索順位をもっと上げたいWeb担当者。サイトに人を集めたいすべての運営者に最良の入門書!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 SEOってなに?-基礎知識編/2 キーワードを決めようーSEO準備編/3 SEOに最適なWebサイト制作ーサイト構築編/4 良質なコンテンツの作り方ーコンテンツ対策編/5 良質なリンクの集め方ーリンク対策編/6 業種別・目的別のSEO/7 Webサイトを分析する

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ふくだたみこ(フクダタミコ)
福田多美子。株式会社グリーゼ取締役。セールスフォース・ドットコム認定Pardotコンサルタント。全日本SEO協会の認定SEOコンサルタント。群馬県出身。富士通系の子会社にてテクニカルライターとして金融系、流通系ソフトウェアのマニュアル開発に従事。2004年に株式会社グリーゼに入社。コンテンツマーケティングに関する業務を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)