c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

最近は、自社でサーバーを持たずにレンタルサーバーを利用するケースが増えています。理由はサーバー導入までに時間がかからないですからね。そして、公開サーバーを構築するなら、最近はSSLが基本になってきています。


【素朴な疑問1】SSLって必要なの??

大手サイトから個人ブログに至るまで、この頃「https://」で始まるWebサイトが増えて
きたと思いませんか?なぜ「https://」のサイトが増えてきたのでしょう。


いつも見ているWebサイトや自分が運営するWebサイトで、アドレスバーに突然「保護されていません」と警告が表示されてビックリした!なんてことはありませんか?


すこし前から、「Google Chrome」などの大手Webブラウザでは、「http://」で始まるWebサイトに警告を出すなどの制限を掛けるようになりました。


さらに、2018年7月にリリースを予定している「Chrome 68」から、「http://」で始まるすべてのWebサイトで「保護されていません」警告を表示すると正式に発表しました。このことから、サイト全体を「https://」にする『常時SSL』に注目が集まっています。


少し前なら「パスワード/クレジットカード番号を入力させるサイトじゃないからhttpsじゃなくても大丈夫!」と思っていたかもしれませんが、状況は刻々と変わっています。


「http://」でアクセスするだけで警告が表示されるようになるので、常時SSL(「https://」)の対応は必須です。


【素朴な疑問2】SSLってどうすればできるの?

ほとんどのレンタルサーバーはSSL「https://」に対応しています。


ただ、「https://」を利用するには、「SSLサーバー証明書」を取得し、サーバーに設定する必要があります。


SSLサーバー証明書は、【無料】で利用できるものから【10万円以上】するものまで多数の商品が用意されています。


レンタルサーバー業者によって、取扱いのあるSSL証明書の種類や価格、設定方法も違うので
注意が必要です。


【素朴な疑問3】無料のSSL証明書ってどうなの?

レンタルサーバー各社で、無料のSSL証明書を提供されています。


無料のSSL証明書で一番有名なのは「Let's Encrypt(レッツ エンクリプト)」でしょう。「Let's Encrypt」意外にも無料のSSL証明書を提供しているレンタルサーバー会社があります。


同じ無料でも、できればみんなが知っている有名な会社が提供するSSL証明書を使いたい!


シマンテックグループのSSL証明書が【無料】で【いくつでも】使えるのはレンタルサーバー「Zenlogic」だけ。


ーZenlogicの特長ー

●誰でも使える
Zenlogicの「カスタマーポータル(管理画面)」は、ITの専門的な知識がなくても使えるように直感性を大切に作られています。ぜひ無料トライアル期間で操作をお試しください。


●ちょうど良い
Zenlogicは、お客様ご自身でいつでも自由にスペックを変えられます。
途中でパフォーマンスや容量不足・過多になっても「次はどこに移ろうか?」と悩む必要がありません。いつでも"ちょうど良い"サービスが使えます。


●無駄がない
Zenlogicには初期費用、手数料、回線利用料がありません。
スペックに応じた費用だけを契約期間分お支払いいただきますので、無駄なコストが発生しません。


「Zenlogic(ゼンロジック)」はITの専門知識がなくても使えるレンタルサーバーで、IT専門部門、IT担当者を持たない中小企業や個人事業主の方に好評です。Yahoo! JAPANグループならではの高品質なサーバー環境で、共有サーバー並みの低価格 × 専用サーバーの安定性 × クラウドサーバーの拡張性を備えたハイブリッドなレンタルサーバーです。


高品質で格安のレンタルサーバーを探していた方は、是非、チェックしてみてください。

 →2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」