私は地元が広島なのでよく食べた料理が広島風お好み焼きなんですが、自宅で作るという発想がこれまでありませんでしたが、焼きそばがあまっていたので、自宅で広島風お好み焼きを作ってみることにしました。


用意するもの

・日清 お好み焼き粉(50gに対して水100cc)
・焼きそば
・キャベツ
・青のり
・卵
・豚肉
・オタフクソース


特に準備しなかったのですが、他にももやし、イカ天があるとお店の味に近づくと思います。


まずは、麺を炒めます。水を入れてほぐす感じで。
PIC_20180320_105805


これが日清お好み焼き粉です。
PIC_20180320_105915


ここで失敗したんですが、うすーくひくために、お玉などを使って伸ばしたほうがいいです。私はこれをしなかったので、生地が厚くなってしまいました。クレープみたいな味わいになるので注意が必要です。
PIC_20180320_105959


生地の上に千切りしたキャベツを置きます。キャベツはたくさんあったほうが美味しいです。
PIC_20180320_110124


その上にそば。これも間違えたんですが、順番的には焼きそばは最後のほうがいいですね。大失敗ではなかったですが、順番的には最後の方です。生地→キャベツ→もやし→いか天→豚肉という感じで載せていくといいと思います。
PIC_20180320_110205


豚肉を乗せます。余った記事をかけることで、一体感ができます。
PIC_20180320_110707


ひっくり返して蒸します。
PIC_20180320_111054


いい感じになりました!最後につぶした卵の上に置いて終わりです。
PIC_20180320_111208


ソース、青のりをかけていただきます。
PIC_20180320_111513


初めて家で広島風お好み焼きを作りましたが、中々美味しいですね~。ただ、そばに味をつけていないのも失敗でした。
PIC_20180320_111526


ということで、次は作り方を変えてもう少し美味しい広島風お好み焼きを作りたいと思います。自宅で簡単に作れるとは思わなかったので、今後は自宅で楽しみたいと思います。

商品紹介
鰹と昆布のうまみが豊かな、こだわり食感である「ふんわり軽い食感」のお好み焼が仕上がるお好み焼粉です。100g換算で約2枚、1袋500gだと約10枚のお好み焼きが焼きあがります。ホットプレートでの調理や、フライパンでも調理いただけます。保存に便利なチャック付商品です。

原材料・成分
小麦粉、デキストリン、食塩、砂糖、風味原料(かつおぶし粉末、こんぶ粉末、煮干し粉末)、かつおエキス粉末、こんぶエキス粉末、かつおぶしエキス粉末、加工でん粉、ベーキングパウダー、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類

アレルゲン特定原材料等
小麦