企業によっては、色んなバージョンのESXiが混在しているとうことがあるかもしれません。ESXi6からはVMware Host ClientでWEBベースになって便利になりましたが、ESXi5の場合は、vSphere Clientで接続する必要があります。


これらは公式サイトからも落とせますし、ESXiに接続してもダウンロードできます。そして、会社でちょうど、ESXi5.5とESXi5.0が混在しているケースがあったので、下位互換があるか試してみました。


基本は、上位互換は当然ありませんが、下位互換があるかと思いきや、、、vSphereClient5.5はESXi接続時に5.0への接続はできませんでした。


そして、いざ試したら分かったのですが、vSphere Clientってバージョンごとにインストールできるんですね。


最初にvSphere Client5.5をインストールして、次にvSphere Client5.0をインストールしたらWindowsのインストールされたプログラムの中に両方のバージョンがインストールされていました。


最初、上書き更新されるのかと思いましたが、両方はいるんですね。ちなみにこの状態だと、ESXi5.0とESXi5.5の両方に接続できました。ただ、動作確認的にはESXi4xとかESXi3xでは試していないので、そういった環境の方は実機確認してみてください。