中小企業あるあるですが、サーバーセグメントはPCと分けましょう。DHCPスコープ範囲でトラブルになる可能性があります。


以前の現場でも、サーバーセグメントにDHCPのスコープ範囲になっていて、先に別の端末がDHCPでIPアドレスを取得してしまい、サーバーがIPをとれないという事象がありました。


これが起きる理由としては、ネットワークセグメントがしっかりと分離されていなかったことが要因です。同一セグメントにいるので、DHCPの設定が有効になっているとIPを拾ってしまいますし、何より、スコープの設定を間違えると面倒なことになります。


中小企業の場合、192.168.1.0/24などの一つのセグメントにすべての端末、サーバが所属するケースもありますが、台数が増えた場合なども注意が必要ですね。