b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s

企業において事業資金を調達するのはとても重要です。例えば、設備投資、広告などでビジネスを拡大していく中で、赤字運営を続けていたアマゾンがまさに勉強になりましたが、アマゾンは設立から7年間は赤字だったそうです。


短期的なビジネスではなく、長期視点でユーザーを意識したサービスを提供したことが今の成長につながっているんですが、アマゾンは物販ビジネスなので、倉庫が必要になった時に、富豪の投資家が出資してくれたそうです。


日本ではあまり聞かないですが、アメリカのシリコンバレーでも富裕層がこれから成長しそうな企業などに投資をしてくれるそうです。その為、日本で資金調達が難しいベンチャー企業が、敢えてシリコンバレーで起業した方が、テレビで紹介されていました。ただ、資金調達の手段としてシリコンバレーで起業するという方法はあるとは思いますが、生活コストが高かったり、ビザの問題などもあり、この方法を選択できる企業は限定的だと思います。


会社を継続させる、新しい事業を展開する場合には、資金繰りが重要になってくると思いますが、多くは銀行から資金調達することになると思います。


実際、私が勤めていた会社の役員と飲んだ時に、経営の視点で仕事をするようになって、資金調達などの違う難しさを経験していると教えてもらいました。


ただ、状況に応じては銀行からの融資が受けられないというケースがあるかもしれません。私は経営者ではありませんが、こういった話を聞くと半沢直樹を思い出します。鶴瓶が銀行から融資を断れるシーンですが、会社を継続させるには、資金が必要です。


また、新しいビジネス(新事業)を展開する場合、拠点を増やす場合にも新たに資金が必要になるケースがあります。そこで最近、注目されているのが比較的簡単に事業用の資金調達できる「ファクタリング」という仕組みです。

ファクタリングとは?


ファクタリングとは金融機関が行う融資とは異なり、会社の未回収の売掛金をファクタリング会社が買い取ることにより、売掛金を早期に資金化することができます。経済産業省も「中小企業における資金調達の課題」の中で、不動産担保や保証人に依存しない資金調達方法として売掛債権の活用を提言しており、 今後の普及が見込まれているものです。


また、銀行も最近は経営がうまくいっていないケースもあり、地方銀行などは生き残りをかけて統合、合併するケースが増えていますよね。そうなってくると、当然、貸し渋りもでてくるので、こういった仕組みがあると、企業も助かるのではないかと思います。


そして、この仕組みが比較的資金調達しやすい理由の一つとして、銀行やノンバンクから融資を受ける際に、課題となるのが担保や保証人ですが、ファクタリングの場合、売掛債権を担保にするのではなく売掛債権の売買になりますので、担保・第三者保証は一切不要となります。


ファクタリングが中小企業にとって有効な資金調達方法となる理由は、他の資金調達方法よりも「審査が通りやすい」ということがあげられますので、なんとか資金を調達したいという場合に、ファクタリングを検討してみるのも一つの手段です。

ed27beab7a9c23010a60545025dc10b9_s

比較的簡単に事業用の資金調達できるファクタリング会社を比較情報


では、比較的簡単に事業用の資金調達できるファクタリング会社を比較情報がわかりやすくまとめられたサイトがあるので紹介します。


こちら、「来店不要!事業資金を調達できる ファクタリング会社を徹底比較」です。

http://www.factoring-web.com/


前述した通り、企業が事業資金を集める場合にイメージしやすいのが、銀行や日本政策金融公庫の融資だと思います。その他、エンジェル投資家や個人投資家からの出資から、ベンチャーキャピタルを使う方法もありますが、その中でも注目の資金調達方法はファクタリングについて、事業資金を調達できる ファクタリング会社の情報を比較したサイトになります。


先ほど、ファクタリングについてさらっと記述しましたが、より詳しく、分かりやすくサイト内にその仕組みが書かれていますので、ファクタリングについてあまり知識がない方は、一読されるとよいかと思います。


どういった時にこのサービスを利用するかというと、サイトにも書かれていますが、すぐにでも資金が必要であり、より早く準備したい場合が想定されます。

資金が潤沢にある場合は良いものの、仮にお金に困ることがあれば、その待っているお金が少しでも早く手元に来てほしいと思います。そこで使えるのがファクタリングサービスです。このサービスを使うと、ファクタリング会社に依頼し、支払い待ちのお金を早めに手に入れることが可能です。


ファクタリングを利用することで、本来は数か月先にならないと入金されない売掛金がすぐに資金化できるため、資金繰りが楽になるメリットがあります。ただし、若干手数料で減ってしまうデメリットもありますが、スピードを優先したい場合に便利な仕組みです。


このサービスは、資金繰りに苦しむ、資金力のない中小企業、零細企業にとって、非常に重宝される資金調達方法となります。


また、ファクタリングには大きく分けて、2つの会社(資材会社Aとファクタリング会社)で行う2社間ファクタリングと3つの会社(A社とファクタリング利用会社とホームメーカーB社))で行う3社間ファクタリングがあり、どちらを選んだほうがいいかもサイトの情報を読んでもらうことで理解できると思います。


続いて、具体的にファクタリングによる事業資金の調達を検討されている場合は、紹介したサイトにて、優良企業の比較を行っています。


ファクタリングのサービスを提供している企業(ジャパンマネジメント、トップ・マネジメント、トラストゲートウェイ、ビートレーディング、etc)は多くありますが、その詳細な情報や、口コミ情報なども書かれているので、まずは情報をチェックしてよさそうな企業を選んで申し込んだほうが失敗が少ないかと思います。

まとめ


今の時代、銀行自体も資金繰りに苦しんでいて地方などでは、合併、統合など、生き残りをかけて動いています。それは企業にも同じことが言えるかもしれません。そういった時代の流れ、サービスに必要性によって、こういったサービスが提供されるようになったと言えると思います。


ファクタリングは、銀行融資やビジネスローンと比較して、審査に通りやすく、利用しやすい資金調達方法のため、中小企業、零細企業の資金繰り改善方法として注目が集まっており、これからこのサービスを利用する企業が増えていくのではと考えられます。


事業資金を少しでも早く調達したいと考えている場合は、有用な情報が多く書かれていますので、サイトを是非チェックしてみてください!

「来店不要!事業資金を調達できる ファクタリング会社を徹底比較」
http://www.factoring-web.com/