ESXi6.5で仮想化基盤を構築していて、小規模環境なのでストレージがない状況で、仮想基盤の移行を検討しているんですが、共有ストレージがないと移行って大変ですね。共有ストレージがあって、旧、新環境からアクセスができればvMotionができますし。


ということで、今回の環境での仮想サーバの移行は、選択肢としてOVFエクスポート、インポートになりそうですが、ESXi6.5のVMware Host Client環境でのOVFによる移行は色々とトラブルがあるようです。


まず現場で経験したのが、OVFのエクスポートの方法についてです。HostClientでエクスポートしたことがなかったので、最初からはまったんですが、手順は簡単で仮想マシンを停止し、仮想マシンを右クリックして、「エクスポート」を選択するだけです。


参考手順
OVF テンプレートのエクスポート


注:
Internet Explorer ブラウザで OVF テンプレートをエクスポートする場合は、OVF テンプレートのファイルごとにブラウザ内で新しいタブが開きます。新しいタブごとに、セキュリティ証明書に同意するよう求められます。各ファイルを保存する前に、それぞれのセキュリティ証明書に同意してください。

ただ、IEで実行したんですが、ファイルが二つできて、ovfファイルとvmdkファイルの二つがエクスポートされます。その際に、名前をリネームして保存したら、インポート時に必要なディスクがありませんという表示があり、インポートに失敗しました。そもそも、インポートが進まずにタイムアウトする感じです。


続いて、名前を変えずにエクスポートして、今度はインポートが進みだしたんですが、70%のところで停止。ストレージの中を見ても、データ量が増えてなさそう。ということで調べると別の要因だったようです。


もう一つが「ESXi6.5 hostclientで大容量のOVFファイルのエクスポートに失敗する」です。


参考情報はこちら。

vSphere Host Clientでの大きなOVFファイルのデプロイがタイムアウトで失敗する


結論から書かれていますが、vSphere Host Clientでの大きなOVFファイルのデプロイがタイムアウトで失敗する場合は、Internet Explorerではなく、ChromeかFirefoxを使用したほうがいいそうです。


そもそも、VMwareの推奨ブラウザってIEではないからですね。


説明によると、ESXi 6.0 u2からESXiホストに入ったブラウザベースのクライアント「vSphere Host Client」で15GB超のOVFファイル+VMDKファイルをデプロイしようとしたところ、タスクが「タイムアウト」で失敗した。またブラウザ上部に以下のエラーが表示されたとのこと。メッセージは以下。

 Failed to deploy VM: postNFCData failed.


ということでIEでの使用は色々と問題がありそうなので、ChromeかFireFoxを使用しましょう。と言いながら、それぞれ違う問題があるんですけどね・・・。