皆さんは当然ながらお風呂は毎日入っていると思います。お風呂の入り方って人によってさまざまだと思いますが、、、以前、知恵袋でお風呂に入らない人の肌がきれいという意味不明なことが書かれていましたが、、、お風呂嫌いが招くデメリットが判明しました。


蛭子能収が風呂嫌いで背中にカビ!臭いの原因と不潔すぎるのでびっくりしました。元記事はこちら。

蛭子能収 加齢臭の原因は…風呂嫌いからくる“背中のカビ”だった!


生地によると、漫画家の蛭子能収(70)が16日放送のTBSの医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演。背中にカビが繁殖しているという衝撃の事実に、ショックを隠せなかったとありますが、ちょっと不潔すぎますよね・・・。

 蛭子の肌を検査したところ、背中に赤い斑点が。これが実はカビの一種「マラセチア菌」が原因の炎症で、加齢臭などの臭いのもとにもなる。

 原因は入浴方法にあったようで、蛭子のバスタイムは、シャンプー3秒、サウナ45秒、湯船につかる時間に至っては0秒と、「からすの行水」どころではないありさま。生来の「風呂嫌い」がカビの繁殖を招いたようだ。

 旅番組に引っ張りだこの蛭子にとって、生命線ともいえる温泉ロケ。「風呂嫌い」がバレて仕事激減の危機…とも思われたが、蛭子は笑ってその場をごまかした。

背中に赤い斑点がある場合は、カビの可能性があるんですね。というか、不潔すぎるのもそうですが、イメージ通りなのである意味、そこまで衝撃的ではないですが、お風呂に入るのは当然ですが、しっかりときれいにしましょう。