ESXi6.5はvSphere Clientが使えず、ブラウザでの接続のみになりました。これが色んな弊害を生むことになるのですが、ブラウザベースのメリットは、やはりアプリケーションを入れる必要がないので、すぐに接続できることです。


ただ、ブラウザベースになって困ることもあります。それはブラウザごとにバグというか、表示がおかしかったりするんですが、さらに困ったことが会社のパソコンのスペックが低い場合に、ブラウザがクラッシュ、フリーズで困ることがあります。


例えば、仮想マシンの構築をしている時に、ブラウザがフリーズすると、当然、リロードして、再接続。仮想マシンの作成くらいならいいですが、OVFのデプロイなどでは時間がかかるので、困ります。


そこでタイムアウトするとまたやり直しですからね。以前も、仮想アプライアンスをデプロイしていて、最後のほうでブラウザがフリーズして、20分間が失われたことがあります。


ちなみに、仮想マシン操作については、VMRCを使う事で回避できますね。

VMware Remote Console アプリケーションのインストール(VMware)


VMware Remote Console (VMRC) は、Windows 用のスタンドアロン コンソール アプリケーションです。VMRC を使用すると、クライアント デバイスに接続し、リモート ホストで仮想マシン コンソールを開くことができます。

VMRCの使い方については、公式サイトを参考にしてください。