ドラマ版のリングを久しぶりに見ました。もう何年振りだろう。懐かしすぎて全然記憶にないので、怖いイメージだけで見ました。


実は、リングは、小説でも読んで、リング→らせん→ループと読みました。ただ、読んでからかなり経過していたので、かなり忘れていたのと、映画版より、ドラマ版のほうが原作に忠実ということで、ドラマ版を見ました。

【作品情報】
演出: 瀧川治水
原作: 鈴木光司
脚本: 飯田譲治
音楽: 池頼広
出演: 高橋克典/三浦綺音/立原麻衣/原田義雄/雛形あきこ/清水紘治/濱田万葉
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)


第1回角川ホラー大賞受賞の鈴木光司原作、『NIGHT HEAD』の飯田譲治脚本のTVドラマが低価格で再登場。超能力者の念写ビデオをめぐるサイコ・ホラー。


まず、ドラマ版ですが、音楽がやっぱり古いですね。後、高橋克典が若くてかっこいい。今もかっこいいですけどね。そして、浅川役の高橋克典ですが、身の回りで奇妙な変死に出くわす。


タクシーに乗っている時に、バイクのドライバーが悶えて死んでしまいます。上時計はある時間で止まっているのを浅川が発見。その後も、知り合いの女子高生がバスルームで心臓麻痺。このあたりから、浅川が不信に思うようになり、若い女の子が心臓麻痺なんておかしいと。そして、バスルームの時計を見ると、時間が同じ時間で停止。


ここで、お風呂に中からカギがかかっていたそうですが、お風呂って昔は鍵ついてた?後、バスルームに時計があるのがなんか不思議。


続いて、アベックが車の中でセックスをしている最中に死亡。これまた心臓麻痺。ここでびっくしたのが、女の子はおっぱい丸出しでした。昔は、こんな時代だったですよね。


とここからのレビューは、別記事に書いたので、こちらを。

ドラマ リング 完全版ネタバレ(原田芳雄、高橋克典)が面白いけどエロい


ドラマ版リングを見て思ったのがとにかくエロいです。最初はエッチシーンだし、しっかりと喘ぎ声がでています。その後も、貞子のヌードが出まくりで、、、子供には過激すぎ。


こんなにヌードがでていたなんて記憶になかった。


ということで調べると、、、貞子を演じた女優さんはヌードモデルだったようです。以下はwiki情報です。

三浦 綺音(みうら あやね、1973年5月8日 -)は、日本の女優、元ヌードモデル、元歌手である。
静岡県出身で、所属する芸能事務所はケイダッシュを経て現在はエムティ企画である。

幼い顔立ちに似合わぬ巨乳と豊かなヒップラインで人気を得、ヌード+アイドルで脱ぐアイドルを意味する造語「ヌードル」の第1号として有名になるとあります。そうだったんですね。


wikiを見ると2006年くらいまで活躍していたようですね。今は、家庭を持って幸せに暮らしているんでしょうかね。


※こちらの写真集は今は亡き、勝新太郎さんが撮ったそうです。