自宅で使っているインターネットが遅く感じてきて気づいたのが、無線LANルーター自体、購入してからかなり経過していて、いつ買ったものだろうというレベル。最低でも3年以上は経過しています。


ということで、久しぶりに無線LANルーターを購入することにしました。前回、同様、レビューの評価もいいNEC製の無線LANルーターを購入することにしました。


購入した無線LANは「Aterm WG2200HP」です。スペックは前回のものより、かなりアップしています。ただ、せっかくのドコモ光なんですが、マンションが100Mbps縛りだそうで、大した速度がでません。


[11ac対応]同時利用タイプ 
11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯)
ストリーム数
4ストリーム ライトモデル
アンテナ数
4×4(5GHz帯) & 3×3(2.4GHz帯)
規格値※
無線LAN:1733Mbps(11ac/5GHz帯)+
450Mbps(11n/2.4GHz帯)
有線LAN:1000Mbps
実効
スループット
無線LAN:約1093Mbps(UDP)* 
約939Mbps(TCP)*
有線LAN:ローカルルータ 約940Mbps、
PPPoE 約932Mbps


とは言いながら、インターネットは遅いですが、無線LANの区間は速度アップしたのか、帯域調査をしてみることにしました。


そして、新無線AP間でどれくらい速度がでているのか調査してみたくなったので、iperfを使う事にしました。自宅のパソコンがWindows10とWindows7なので、それぞれに対応したiperfのダウンロードを行います。

57939fed27011e1cb3a0a8c2cc531d92_s


ダウンロード先はこちら。

★iPerf - The ultimate speed test tool for TCP, UDP and SCTP
Test the limits of your network + Internet neutrality test

https://iperf.fr/iperf-download.php


これだけ種類があります。Windows版は「Download iPerf for Windows」を選択します。

Download iPerf for Windows
Download iPerf3 for Android
Download iPerf3 for iPhone / iPad
Download iPerf3 for Apple macOS
Download iPerf for Ubuntu / Debian / Mint
Download iPerf for Fedora / Red Hat / CentOS
Download iPerf for openSUSE
Download iPerf for Arch Linux
Download iPerf for FreeBSD


今回、チェックしたタイミングでは、最新バージョンは「iPerf 3.1.3」です。

Windows 64 bits compiled by Vivien Guéant. (sha256) 
iPerf 3.1.3 (8 jun 2016 - 1.3 MiB for Windows Vista 64bits to Windows 10 64bits)


我が家は10も7もどちらも64bitなので、同じものを使いました。圧縮されているので、解凍して使用します。フォルダーの中身はこんな感じです。

 C:\iperf-3.1.3-win64 のディレクトリ
2016/04/21  22:14         3,539,372 cygwin1.dll
2016/06/09  10:30           468,748 iperf3.exe


コマンドプロンプトを起動して、「cd」コマンドでカレントディレクトリを「iperf3.exe」が配置されたディレクトリに移動して実行すると簡単に使用できます。※Windowsはフォルダのほうが分かりやすいですね。


下準備として、同じものをWindows10とwindows7の任意の場所に配置しておきます。

①解凍済みのiperfをWindows10とwindows7の任意の場所に配置

②コマンドプロンプトを起動し、iperfを格納したフォルダへカレントディレクトリを移動

# cd <iperf.exeのあるフォルダ>

③サーバとクライアントの役割を決めます。

サーバ側は以下のコマンドを実行します。「-s」がサーバーモードになります。

# iperf3.exe -s
-----------------------------------------------------------
Server listening on 5201
-----------------------------------------------------------

続いて、クライアント側で以下のコマンド(iperf3.exe -c <serverのIPアドレス>)を実行します。※「-c」がクライアントモードを指定になります。


C:\iperf-3.1.3-win64>iperf3.exe -c 192.168.xx.x
Connecting to host 192.168.xx.xx, port 5201


では、実際に無線区間のスループット調査をしてみました。

【PC1】※Windows10
      |
【無線AP】
      |
【PC2】※Windows7


★5GHz

iperf3.exe -c 192.168.xx.x
Connecting to host 192.168.xx.x, port 5201
[  4] local 192.168.10.4 port 52245 connected to 192.168.xx.x port 5201
[ ID] Interval           Transfer     Bandwidth
[  4]   0.00-1.00   sec  4.50 MBytes  37.7 Mbits/sec
[  4]   1.00-2.00   sec  4.38 MBytes  36.7 Mbits/sec
[  4]   2.00-3.00   sec  4.38 MBytes  36.7 Mbits/sec
[  4]   3.00-4.00   sec  4.25 MBytes  35.7 Mbits/sec
[  4]   4.00-5.00   sec  4.38 MBytes  36.7 Mbits/sec
[  4]   5.00-6.00   sec  4.38 MBytes  36.7 Mbits/sec
[  4]   6.00-7.00   sec  4.25 MBytes  35.7 Mbits/sec
[  4]   7.00-8.00   sec  4.38 MBytes  36.7 Mbits/sec
[  4]   8.00-9.00   sec  4.38 MBytes  36.7 Mbits/sec
[  4]   9.00-10.00  sec  4.25 MBytes  35.7 Mbits/sec
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[ ID] Interval           Transfer     Bandwidth
[  4]   0.00-10.00  sec  43.5 MBytes  36.5 Mbits/sec                  sender
[  4]   0.00-10.00  sec  43.5 MBytes  36.5 Mbits/sec                  receiver

iperf Done.


★2.4GHz

>iperf3.exe -c 192.168.xx.x
Connecting to host 192.168.xx.x, port 5201
[  4] local 192.168.10.4 port 52270 connected to 192.168.xx.x port 5201
[ ID] Interval           Transfer     Bandwidth
[  4]   0.00-1.00   sec  1.00 MBytes  8.38 Mbits/sec
[  4]   1.00-2.00   sec  1.25 MBytes  10.5 Mbits/sec
[  4]   2.00-3.00   sec  1.25 MBytes  10.5 Mbits/sec
[  4]   3.00-4.00   sec  1.00 MBytes  8.40 Mbits/sec
[  4]   4.00-5.00   sec   640 KBytes  5.24 Mbits/sec
[  4]   5.00-6.00   sec  1.38 MBytes  11.5 Mbits/sec
[  4]   6.00-7.00   sec   896 KBytes  7.34 Mbits/sec
[  4]   7.00-8.00   sec   896 KBytes  7.34 Mbits/sec
[  4]   8.00-9.00   sec   768 KBytes  6.29 Mbits/sec
[  4]   9.00-10.00  sec   768 KBytes  6.29 Mbits/sec
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[ ID] Interval           Transfer     Bandwidth
[  4]   0.00-10.00  sec  9.75 MBytes  8.18 Mbits/sec                  sender
[  4]   0.00-10.00  sec  9.63 MBytes  8.08 Mbits/sec                  receiver

iperf Done.


無線経由ですが、約40MBほど帯域があることがわかります。性能のいいもの(無線AP)を買ったんですが、意外と帯域がでないですね。ちなみに、対向側のPCを有線接続にしたら、40MB→200MBくらいにアップしました。おそらくWindows7側がスループットが出ていない感じですね。無線LANを使う場合は、無線AP側だけでなく、クライアント側も意識しないとダメですね。


また、意外と便利なのが、iperfって10GBの速度でも調査ができるので、きちんと帯域がでているかの確認でも使えて便利です。


帯域調査って最近は実施することが減っているかもしれませんが、ちょっとした調査で便利なので活用してみてください。ちなみに今回、購入した無線LANルーターです。価格も安くておすすめです。