多くの人が便利だなと思っていたと思う、漫画村、漫画タウンですが、これにより間違いなく出版社、および漫画家が得られるべき利益は減っていたでしょう。これがすべて悪とは言えないのかもしれませんが、違法である以上は、犯罪です。


そして、海賊版サイトの漫画村を刑事告訴!漫画家を守る為に違法サイトは許さない方針みたいです。元記事はこちら。

海賊版サイト・漫画村を告訴…著作権法違反容疑


記事によると、人気漫画などをインターネット上で無料で読める海賊版サイト「漫画村」を巡り、複数の大手出版社が、著作権法違反容疑で福岡県警などに刑事告訴していたことが関係者への取材でわかったとのこと。以下は記事の抜粋です。

 漫画村は国内最大規模のサイト。海賊版サイトは、政府がプロバイダー各社にインターネット接続の遮断を要請するなど社会問題化していた。

 捜査関係者や出版関係者によると、講談社(東京)など大手出版社数社は昨年、作品の著作権を持つ漫画家から委任を受けて福岡、大分両県警に容疑者不詳の告訴状を提出。福岡県警は捜査を始めている。

 政府は今年4月、悪質なサイトとして漫画村など3サイトを名指ししてプロバイダーに接続を遮断するよう要請し、NTTグループが応じることを決めていた。政府の発表後、3サイトは事実上閉鎖している。

これには賛否両論あるかもしれませんが、こういった対応をしているのは、今後も違法サイトは許さないということでしょうね。検索結果からもフィルターされるので、結果的には観れなくなるので、いたちごっこかもしれませんが、長くは続かないでしょうね。