季節的に暖かくなってきて外出日和ですね。天気もいいのでちょっと遠出もいいかもしれませんね。最近、次女の為に、自転車の前に乗せるOGK フロント子供のせ FBC-003S2購入したんですが、これが大正解でした。


まず、購入理由ですが、次女が1歳になるんですが、抱っこひもから抜け出そうとするらしく、自転車で移動が大変なったということで、嫁が困っていて、確かに最近はすぐに歩こうとして駄々をこねます。


もうすぐいやいや期が来るんだと思いますが、とにかくあれしたい、これしたいの欲求が強いです。長女はもう小学生なので、だいぶ言う事を聞いてくれるようになって、すごく助かっています。年齢が少し離れているのは子育てが楽になりますね。


そして、暴れまくる次女ですが、自転車移動が難しいということで、自転車の前に乗せるアイテムということで「OGK フロント子供のせ FBC-003S2 適応年齢:1歳(12ヶ月)以上4歳(48ヶ月)未満のお子様、身長100cm以下」を購入することにしました。


こちらが購入した商品です。
PIC_20180513_101908

【商品説明】
強度もありながら軽量化を実現
コンパクトな軽量フロントベビーシート。2点シートベルトでズリ落ちを防止。乗車対象は、1歳以上から4歳までの100cm、または15kg以下の子ども。24~27型の自転車に設置することができる。ハンドルポストの直径は22.2mm。

●子どもの様子を確認しやすいフロントチャイルドシート
1~4歳未満、体重15kg以下のお子さまに。目が届くフロントタイプ。取り外しも可能。

●成長に合わせて使えるリヤチャイルドシート
体重20kg以下のお子さまに。後ろ設置型なので走行時には安定。1~6歳未満まで使用できる。

●安定感重視の小径車(20インチ)
安定感重視の小径車(20インチ)はタイヤが小さく、座席が低いタイプ。安定性があり、ふらつきにくい。

●走行重視のシティサイクル(26インチ)
走行重視のシティーサイクル(26インチ)はタイヤが大きく、ひとこぎの移動距離が長い。シートを外せばシティー車として利用可能。

●ヘッドレスト付き高機能タイプ
衝撃吸収率約90%。高さ調節可能なスライド式の製品も。

●ヘッドレストなし軽量タイプ
シンプルな形状とコンパクトなサイズ設計が特徴。

PIC_20180513_101938


とりつけはとても簡単で、ドライバーもいりません。
PIC_20180513_102432


そして、早速使いたいということで、自転車にとりつけをしました。とりつけ時間はわずか5分です。ちょっと最初はつけ方に悩みましたが、理解できたらすぐにとりつけができました。


一応、頑丈だとは思いますが、、、乗せても2歳までかな~と思っていますね。4歳はちょっとサイズ的に厳しい気がしました。ちょうど、リアは子供乗せ自転車にしているので、娘が大きくなったら取り外しですね。


購入してから実際に嫁が近所のホームセンターまで乗せてみたそうなんですが、とにかく楽しいみたいで、指さしてなんかしゃべっているそうです。嫁も子供が目の前にいるので安心だそうで、子供からしたらアトラクションみたいに感じているのかもしれないですね。


怖がるというよりは、楽しいみたいで、また乗りたいと駄々こねるくらいとのことで、これで外出が楽になりそうです。嫁的には買って大正解だったそうです。日々の買い物でも便利ですしね。子供が1歳を超えたらだんだんと抱っこひもだけでは辛くなるので、こういったアイテムを購入すると楽になると思います。特に自転車が移動で必須ならなおさらですね。


ということで、ようやく自転車での移動が楽になったみたいでよかったです。もうすぐ2歳なので、何気に成長が速くてびっくりします。お金をかけてもいいなら、電動付き自転車で最初から子供乗せ自転車になっているものがおすすめだと思います。