最近、仕事が終わってすぐにお酒を飲んで、ご飯を食べて寝るので、とにかく早寝早起きすぎてびっくりしますが、最近は調子がいいときは朝の1時とかに目が覚めることがあります。


さすがに仮眠をとらないと仕事が辛いので、少しブログを更新したり、スマホゲームをしたりして、から寝るようにしています。ちなみに夜は間接照明くらいがちょうどいいそうです。明るいと体が昼と勘違いして、眠くならないとのこと。


といいうことで、目が覚めてもなるべく部屋を暗くして活動しています。間接照明のオシャレなものを買おうか悩んでいますが。


そして、以前から飲みたかった吉田羊さんのCMで有名な雲海酒造 木挽BLUE 芋焼酎を飲んでみました。吉田羊さんは美人ですよね。先日も行列のできる法律相談所で、ナウシカの声優さん会って、感動して涙を流しているのを見て、この方は純粋な人なんだな~と思いました。


話を戻して、こちらが雲海酒造 木挽BLUE 芋焼酎です。
PIC_20180515_192247
商品紹介
原料は南九州産の厳選された芋、黄金千貫、宮崎・綾の日本有数の照葉樹林が生みだす清らかな水を仕込み水に、宮崎県日向灘で採取した当社独自の酵母「日向灘黒潮酵母」を使用し、綾蔵で熟練の蔵人達が、丹精込めて造りあげました。すっきりキレのある甘味、爽やかな口当たりが特徴の本格芋焼酎です。  【綾蔵】総面積の8割が森に覆われた綾町。日本有数の照葉樹林を抱き、綾北川・綾南川のふたつの清流には森が蓄えた豊かな水が流れています。雲海酒造の綾蔵を包み込む風景はただ美しいだけではありません。そこに立つと、肌で感じる生命力にあふれた空気が流れています。そんな神秘的なチカラを深呼吸しながら、本格焼酎の新たな歴史が息づいてきます。



宮崎の芋焼酎だったんですね。早速、ロックでいただきました。
PIC_20180515_192415


味ですが、、、CMのように芋なんだ~という感じではなく、完全に味は芋ですね。個人的に焼酎の中では、芋はあまり好きではないのですが、まぁ、飲めますね。芋は癖がありますからね~。


ただ、飲みやすすぎるとぐびぐびいってしまうので、これくらいがちょうどいいかも。これで数日は持ちそうです。