仕事でインフラエンジニアをしていますが、サーバだろうがネットワークだろうが、サーバの死活確認でよく利用するのがPingです。通信制御をしていてもPingは許可しているということはあると思います。そして、私も仕事で毎日とは言いませんが、Pingは使っています。


そして、Pingも色んなところで実行しますが、Windows標準のコマンドプロンプトのPingって意外と使いにくいですよね。


オプションで色々と指定はできますが、windows10で、pingのオプションで間隔、タイムアウト時間指定ができません。会社でPing断を確認したいという話があったんですが、その場合も、タイムアウトや送信間隔を指定しようという話になりましたが、コマンドプロンプトでは細かい指定ができないのです。


サンプルとして、以下はコマンドプロンプトのPingのオプションです。

>ping

使用法: ping [-t] [-a] [-n 要求数] [-l サイズ] [-f] [-i TTL] [-v TOS]
            [-r ホップ数] [-s ホップ数] [[-j ホスト一覧] | [-k ホスト一覧]]
            [-w タイムアウト] [-R] [-S ソースアドレス] [-c コンパートメント]
            [-p] [-4] [-6] ターゲット名

オプション:
    -t             中断されるまで、指定されたホストを Ping します。
                   統計を表示して続行するには、Ctrl+Break を押してください。
                   停止するには、Ctrl+C を押してください。
    -a             アドレスをホスト名に解決します。
    -n 要求数      送信するエコー要求の数です。
    -l サイズ      送信バッファーのサイズです。
    -f             パケット内の Don't Fragment フラグを設定します (IPv4 のみ)。
    -i TTL         Time To Live です。
    -v TOS         Type Of Service (IPv4 のみ。この設定はもう使用されておらず、
                   IP ヘッダー内のサービス フィールドの種類に影響しません)。
    -r ホップ数    指定したホップ数のルートを記録します (IPv4 のみ)。
    -s ホップ数    指定したホップ数のタイムスタンプを表示します (IPv4 のみ)。
    -j ホスト一覧  一覧で指定された緩やかなソース ルートを使用します
                   (IPv4 のみ)。
    -k ホスト一覧  一覧で指定された厳密なソース ルートを使用します
                   (IPv4 のみ)。
    -w タイムアウト
                   応答を待つタイムアウトの時間 (ミリ秒) です。
    -R             ルーティング ヘッダーを使用して逆ルートもテストします
                   (IPv6 のみ)。
                   RFC 5095 では、このルーティング ヘッダーは使用されなくなり
                   ました。このヘッダーが使用されているとエコー要求がドロップ
                   されるシステムもあります。
    -S ソースアドレス
                   使用するソース アドレスです。
    -c コンパートメント
                   ルーティング コンパートメント識別子です。
    -p             Hyper-V ネットワーク仮想化プロバイダー アドレスを
                   ping します。
    -4             IPv4 の使用を強制します。
    -6             IPv6 の使用を強制します。


私がよく使うオプションが「-t」の連続Pingですね。Windows標準のpingだと使うオプションはこれくらいです。ではよく調べられると思いますが、Windowsの標準で使用できるコマンドプロンプトのPingは使えるのかというと、タイトルにもありますが、簡易確認ではいいですが、テストエビデンスには向いていないので、やはり、他のやり方を考えたほうがいいです。


では、pingのオプションで間隔、タイムアウト時間指定ができないはどうしたらいいのかというと、やっぱりexpingです。特に感覚を短くしてより細かい結果を確認したい場合は、コマンドプロンプトでは無理ですね。ちなみに、、、Linux、CentOSのpingは細かい指定が可能です。


以下は過去記事からの抜粋ですが、ExPingで基本的に行う設定や操作方法を説明してきます。


【環境設定】

ExPingの環境を変更する場合、「環境」タブをクリックします。
exping_00 (2)


繰り返し回数:ターゲットに対するPingの試行回数
※1回に設定すると、Pingが1発で完了します。「定期的に実行する」にチェックを入れ、「0分間隔」に設定すれば、「1回」でも繰り返し実行されます。

実行間隔:Pingの実行間隔です。
※ここの間隔が短いと結果のデータ量が膨大になる可能性があります。その為、特に指定がなければ、デフォルトの1000ミリ秒(1秒)でOKだと思います。

ブロックサイズ:Pingのブロックサイズ

タイムアウト:Pingに失敗した場合のタイムアウト時間を設定します。

TTL:パケットの有効期間

繰り返し順序:ソートしない or 端末でソート

繰り返し回数が2以上の場合、ソートしないと連続で同じ宛先にPingするようになる為、端末でソートがいいでしょう。

【ログ設定】
ExPingでは、Ping実行時に自動でログを取得するように設定できます。ログの取り忘れを防止する為にも、設定しておくことをおススメします。


1. 「オプション」 - 「環境設定」をクリックします。
exping_00 (2)


2. [Pingのログを自動保存する]にチェックを入れて、「保存先」を指定します。
※ExPing実行時のログの保存先を指定します。
exping_03 (2)


3. [ログファイル名]で[年月日を付ける]にチェックが入っている状態で、接頭語を適当に決めて、[OK]をクリック。
※拡張子はデフォルトで[log]になっているので、csv形式で保存したい方は、[csv]に変えておきます。
exping_04 (2)


以上でログ設定は完了です。

では、実際にPingを実行すると、以下のようにファイルが保存され、CSV形式で保存されていますね。
exping_05 (2)
exping_06 (2)



【設定を保存する】
Pingの宛先や、環境設定、ログの保存先などを保存する事ができます。誤ってアプリを閉じても、次回起動時に保存した設定を読みこんでくれるので、便利ですね。


設定保存はとても簡単で、画面上部のメニューの赤枠で囲ったアイコンをクリックするだけです。
exping_07 (2)



【各種メニューの説明】
PingやTracerouteを実行したり、実行結果の消去などはアイコンクリックだけでOKです。


■Pingを実行/停止する
Pingを実行する場合は、以下のメニューの赤枠で囲ったアイコンをクリックします。
exping_08


実行中のPingを停止する場合は、以下のメニューの赤枠で囲ったアイコンをクリックします。
exping_09


■Tracerouteを実行する
Tracerouteを実行したい場合は、以下のメニューの赤枠で囲ったアイコンをクリックします。
exping_10


■実行結果を消去する
Pingの実行結果の表示をクリアにしたい場合は、以下のメニューの赤枠で囲ったアイコンをクリックします。
exping_12


上記までの設定や基本操作で、基本的には業務でそれほど困らない程度の操作ができるようになります。実行間隔、タイムアウト値を短くすることで、Pingの実行間隔を短くできますね。


ということで、Windowsで間隔、タイムアウト時間指定したい場合は、Expingがおすすめです。ダウンロードはこちらから。

ExPing 複数の対象にPINGを連続実施(vecter)



※持っていると意外と便利なギガ対応のスイッチングハブ。現場で使う事がたまにあります。価格も1000円ちょっとと信じられなくらい安いです。

■1000BASE-T対応のACアダプター電源のプラスチック筐体5ポートハブ。
■省エネ法に準拠したエコ省電力タイプ。
■メイン基板に電解コンデンサを使用しておらず、長寿命設計を実現。
■ループ検知機能を搭載し、LEDランプの点滅によりネットワークループ発生を知らせる。
■動作時環境温度50℃に対応。空調のない過酷な環境でも安定して稼働。
■ACアダプターにトラッキング対策付き。長期間設置した場合でも、ホコリによるトラッキング現象を防止。
■小型デザインで設置場所を選びません。本体背面に壁掛け設置用の穴があり、壁掛けすることも可能です。
■外形寸法(幅×奥行き×高さ):約90.4×約84.5×約34.0mm(本体のみ)