以前、東京でパスモの定期券を会社の通勤で使っていましたが、定期券をなくしてしまい、見つかるまでの時間がもったいないので、再発行をしたことがあります。


他にも理由があって、払い戻しをしたいことがあるかもしれません。例えば、定期券を購入していたが、引っ越しなどが決まり、急遽、定期券を払い戻ししたい場合など。


その他、事情があって払い戻しをしたい場合で、広島に住んでいる方向けですが、JR西日本の定期券を使っている場合、払い戻しに条件があるので注意が必要です。


以下は情報元のJRの公式サイトです。

定期券の期間途中での払いもどしはできますか。(JRおでかけネット)


----
Q:定期券の期間途中での払いもどしはできますか。

A:ご不要となった定期券は、有効期間が1カ月以上残っている場合に限って払いもどしいたします。有効開始日から払いもどしを行う日までの経過期間を月数で計り、払いもどし額を計算します。(計算の結果、払いもどし額がない場合もあります)。

なお、買い間違いなどのやむを得ない理由により、定期券の有効開始直後に不要となった場合は、有効期間の開始後7日以内に限り、発売額からすでに経過した日数分の往復運賃と払いもどし手数料を差し引いた額を払いもどすことがあります。

払いもどしの計算方法など、詳しくはこちらをご覧ください。またICOCA定期券の取扱いについては、合わせてこちらもご覧ください。
----


有効期間が1カ月以上残っている場合、もしくは有効期間の開始後7日以内に限るとあります。この条件を満たしていないとそもそも払い戻しができません。例えば、3か月分残っている場合であれば、大丈夫ですが、一ヵ月分ですでに10日過ぎている場合は、NGということになりますね。


サイトではICOCAについても詳細がかかれているので参考にしてみてください。