時代はストレージを使用しないハイパーコンバージドインフラを導入する企業が増えていると思います。これを実現すれば、高価なストレージを買わなくてもストレージを用意できるので、便利です。


そして、その場合にRAIDを組まずに構成することもできますが、DellのサーバでRAID構成なし(Non-RAID)の設定方法がサイトで公開されています。

http://ja.community.dell.com/techcenter/poweredge-server/w/wiki/347.h310-non-raid


手順の抜粋です。

12G PowerEdgeサーバーに搭載されるRAIDコントローラの一つにH310があります。このH310はHDDをNon-RAID構成する場合にもご利用いただくことになります。

サーバ起動後、POST で H310のユーティリティ(Ctrl+R)に入る
F2 キーを押下し、メニューが表示される。
 “Convert to Non-RAID” を選択

Non-RAIDにするディスクを選択
ディスクの選択画面が表示されるので、Non-RAID にしたいディスクを選択し、OKを押下

物理ディスクのステータスを確認した画面
設定したディスクのステータスが Non-RAID になっている

Non-RIAD ディスクとして認識されている

RAID構成ではないディスクが必要な場合は、参考になりますね。機種によっては手順が異なる場合があるので、各種マニュアルをチェックしてください。