Hyper-V 2016で容量可変の仮想マシンを作成して、そのまま使い続けると仮想ディスクが増え続けるという事象が発生します。


これは、OS上ではunmapコマンドを実行しているようでうすが、それを話せるストレージなどがいないとダメみたいで、構成によっては割り当てた容量まで仮想ディスクが増え続けることがあります。


そこで、Hyper-Vでは、仮想ディスクの「最適化」という機能があります。これを実行することによって、仮想ディスクを手動にはなりますが、圧縮することができます。


まぁ、基本的に圧縮しなくても運用はできますが、使い続けるとシンプロビジョニングの意味がなくなってきますよね。


そして、この「最適化」の項目が表示されないと思ったら、仮想マシンの停止が必要という前提があることを知りました。オンラインでは、最適化できないんですね。


これがオンラインで仮想マシン起動中にできればよかったんですが残念。