20170823_122604

私は昔からうなぎが好きなんですが、家族がうなぎを食べないので、家族で話をしたら、私だけ食べればいいんじゃないという話になり、今後は私だけうなぎを食べることになりました。


確かにうなぎって、小さい小骨があるので、小さい子供は食べれないかもしれませんね。そして鰻ですが、鰻専門店で食べるとめちゃくちゃ美味しいですが、スーパーのうなぎってちょっと美味しくないですよね。


実はスーパーの鰻を劇的にふわふわおいしくするレシピがあるようなのです。情報元はこちら。

知ってた? スーパーのうなぎは“洗う”と、おいしくなるんです



記事では、スーパーなどでもお手頃価格のものが手に入りますが、温め方で美味しさがグンと変わる試してほしいおすすめの方法を紹介しています。


この方法では、特売価格のうなぎも美味しくカリふわになるそうです。


うなぎの表面を思い切って洗い流す!

スーパーなどで売っているうなぎは、じつは見た目を良くするためにタレがたくさんかかっています。また、表面の焦げも苦味のもととなり、美味しさを落とす原因に……。そこで、このタレと焦げを思い切って洗い流してしまうのが、最大のポイントです!

熱湯をかけて、タレと焦げを洗い流すと、皮のまわりにあるコラーゲンがトロトロになり、やわらかい食感に。さらに「臭み」も取れて一石二鳥なんです。

洗い流したうなぎは、ペーパータオルで水けをしっかりふき取ります。

お酒小さじ1~2杯ふりかけ、魚焼きグリルで中弱火で4分ほど焼きます。レンジはコラーゲンが脱水して硬くなるので必ずグリルで!

上記が内容です。内容的にはとても簡単で熱湯をかけてタレと焦げを流しすだけでよいそうです。そして、お酒小さじ1~2杯ふりかけ、魚焼きグリルで中弱火で4分ほど焼くだけでよいそうです。お酒は身をふわふわにするとよく聞きますよね。


焼きあがったら、あらためてタレをかければ、外はカリッ、中はふわっとしたうなぎの完成になるそうです。また、「洗い流してから、グリルで焼く」方法で温める場合は、タレが添付されているうなぎを選んぶとありますが、要は洗い流してしまうのでたれが別途いるということですね。


以下は実際に試した主婦の感想の抜粋です。
うなぎの温めなおしは、これまでいろいろな方法を試してきましたが、どうも固くなってしまったり、タレが煮詰まって味が濃くなってしまったりと、なかなかうまくいかず「スーパーのうなぎはこんなものよね……」と、あきらめていました。ここ最近は、スーパーでうなぎを買うことは、避けていたくらいです。

ですが、こちらの「お湯で洗い流しちゃう」という斬新すぎる方法を知り、興味を惹かれ試してみることに! 買ってきたのは、ふつうにスーパーに並んでいる、ふつうのうなぎ(中国産)です。

結果はというと、本当にふわっふわ! それでいて皮はもっちり。余分なタレや焦げが落ちるためか、味はまろやかで、本当に美味しく食べられました。今までの方法はなんだったの? という感じです。ちなみに、うちの夫は「お湯で洗い流すなんてありえない、そんなの食べたくないよ」と最初嫌がっていましたが、一口食べ「旨い!」「そもそも上等なうなぎなんじゃない?」と言うほど。~

これは実際にやってみないと分かりませんから、私もこの夏はうなぎを柔らかくするレシピを試してみたいと思います。


美味しいうなぎをお得に買うならふるさと納税がおすすめです。

(今なら増量中)【2年連続GP受賞記念感謝祭「夏の陣」】【ふるさと納税】迫力満点 うなぎ蒲焼(長焼特大サイズ5尾入) 
【2年連続グランプリ受賞記念感謝祭「夏の陣」】として、 人気のお礼の品 年間ランキングで2年連続第1位を獲得した返礼品『うなぎ蒲焼(長焼特大サイズ5尾入)
計850g』を今なら!!【計1,000g(1尾 約200g以上×5尾)】に増量してお届けいたします。

本町は、「楽天市場 ショップ・オブ・ザ・イヤー 2017」において「ふるさと納税賞」の最も栄えある
「ふるさと納税大賞(グランプリ)」を2年連続で受賞しました。
そこで、受賞記念と、日頃の感謝の気持ちを込めて【2年連続グランプリ受賞記念感謝祭「夏の陣」】を開催いたします!!