PIC_20180330_191155

節約料理の一つがカレーですが、この季節は注意が必要です。梅雨、夏場の鍋にカレーの作り置きは危険!ウエルシュ菌で食中毒のリスクがあるそうです。元記事はこちら。

カレーの作り置き注意=菌増殖、食中毒の恐れ-消費者庁

 
記事によると、梅雨時は食中毒が増加傾向にあることから、消費者庁はカレーや煮物などの煮込み料理を作り置きすると「ウエルシュ菌」が増え、食中毒になる恐れがあるとして注意を呼び掛けているとのこと。こんな菌があるなんて初めて知りました。

 同庁によると、ウエルシュ菌は100度の熱を加えても完全に死滅させるのは難しい。作った煮込み料理を室温で冷ましていると、酸素が少ない鍋底などで増殖する。ウエルシュ菌は下痢や腹痛などを引き起こすという。

 厚生労働省の統計では、同菌による食中毒の発生は2016年に31件で1411人、17年には27件の1220人に上る。両年ともノロウイルス、カンピロバクターに次いで患者数が多い。

 消費者庁は食中毒を防ぐためのポイントとして、(1)食べ切れる量を作る(2)保存時は小分けして冷却する(3)再加熱する場合はよくかき混ぜて全体を十分に加熱する-を挙げた。

 大阪北部地震のような災害現場で被災者に対する炊き出しをする際も、カレーなどを作る場合は注意が必要だと指摘。消費者庁の岡村和美長官は「加熱調理しても食中毒になる恐れがあり、消費者にあまり知られていない」として、注意を促した。 

ということで、昔の時代によく見たようなカレーを作って鍋に入れてそのまま台所においておくとかはNGですね。我が家は鍋ごと冷蔵庫に入れて食べる分だけ使うようにしています。一回分ってコスパが悪くなると思いますので、カレーを作る場合は注意してください。


また、一食分ということでは、一人暮らしの方にはレトルトカレーがおすすめです。私も独身時代、単身赴任の時は、レトルトカレーをよく食べていました。


そして、美味しいのが中村屋のインドカリーです。このシリーズは基本的に何を食べても美味しいのでおすすめです。


商品内容
味文化チキンカリー(国産骨付きチキン)・・・1個
商品説明
味文化シリーズは、レストランの本格的な味わいがご家庭で楽しめるレトルトカレーシリーズです。

味文化チキンカリー(国産骨付きチキン)・・・国産鶏の手羽(骨付き)を使用したチキンカリーです。淡路産玉葱や香味野菜をていねいに炒めて素材の甘みをひきだし、オリジナルブレンドのスパイスで仕上げた香り豊かな本格インドカリーです。