自宅でHyper-vのインストールができるか試したいな~と思って、VMwarePlayerにインストールしたWindows Server 2016にインストールができそうか確認する方法があるので、紹介したいと思います。


コマンドで確認したい場合は、「systeminfo」です。


よくパッチの適用結果を確認する場合に利用するコマンドです。さっそくコマンドを実行してみました。


以下は実行結果です。

-------
c:\>systeminfo

ホスト名:               testserver
OS 名:                  Microsoft Windows Server 2016 Standard Evaluation
OS バージョン:          10.0.14393 N/A ビルド 14393
OS 製造元:              Microsoft Corporation
OS 構成:                プライマリ ドメイン コントローラー
OS ビルドの種類:        Multiprocessor Free
登録されている所有者:   Windows ユーザー
登録されている組織:
プロダクト ID:          00378-00000-00000-AA739
最初のインストール日付: 2018/03/07, 21:43:30
システム起動時間:       2018/06/05, 22:08:16
システム製造元:         VMware, Inc.
システム モデル:        VMware Virtual Platform
システムの種類:         x64-based PC
プロセッサ:             1 プロセッサインストール済みです。
                        [01]: Intel64 Family 6 Model 78 Stepping 3 GenuineIntel ~2601 Mhz
BIOS バージョン:        Phoenix Technologies LTD 6.00, 2015/07/02
Windows ディレクトリ:   C:\Windows
システム ディレクトリ:  C:\Windows\system32
起動デバイス:           \Device\HarddiskVolume1
システム ロケール:      ja;日本語
入力ロケール:           ja;日本語
タイム ゾーン:          (UTC+09:00) 大阪、札幌、東京
物理メモリの合計:       2,047 MB
利用できる物理メモリ:   717 MB
仮想メモリ: 最大サイズ: 2,495 MB
仮想メモリ: 利用可能:   968 MB
仮想メモリ: 使用中:     1,527 MB
ページ ファイルの場所:  C:\pagefile.sys
ドメイン:               test.com
ログオン サーバー:      \\WIN-9DTS361VSP8
ホットフィックス:       4 ホットフィックスがインストールされています。
                        [01]: KB3192137
                        [02]: KB3211320
                        [03]: KB4093137
                        [04]: KB4103723
ネットワーク カード:    1 NIC(s) インストール済みです。
                        [01]: Intel(R) 82574L Gigabit Network Connection
                              接続名:           Ethernet0
                              DHCP が有効:      いいえ
                              IP アドレス
                              [01]: 192.168.9.100
Hyper-V の要件:         ハイパーバイザーが検出されました。Hyper-V に必要な機能は表示されません。
----

ハイパーバイザーが検出されたとでましたね。VMware Player上にWindows Server 2016構築したからだと思います。そこで実行した結果です。


ちなみに、自宅のパソコンはWindows10なので、Windows10上で確認したところ、以下のように表示されました。


以下は「msinfo32」実行時の画面です。
msinfo32000000


Hyper-V ファームウェアで仮想化が有効が「はい」になっています。おそらくHyper-Vを導入できそうですね。検証で構築してみようかな。
 


ドライバー不要。DPI最高2400で、ボタン通じて自由に変換出来ます。
2.4G無線伝送。FMラジオ伝送技術より安全した先進的2.4Gワイヤレス伝送技術を採用し、15メートル(15m)の距離でも制御出来ます。
節電機能付き。ユーザー&パソコンの都合により、1本の単3形電池が最大15ヶ月給電出来ます。パソコンが閉じまたはレシーバーを抜き出す時、マウスが自動停止し、節電機能が起動し、省エネルギーで電池の耐用年数も延長します。
人間工学な設計。洗練された仕上げやゴム製グリップが手に良い触感を提供します。長時間使用しても手に疲れ難い。USBレシーバーはマウスのスロット(底部にある)に収納出来ます。
幅広く互換性。Windows、Mac&Linuxに対応出来ます。信頼出来るワイヤレス伝送が作り、このUSBレシーバーをラップトップに挿入しても構いません。