ESXi6.7が出たということで自宅のVMware Player上にESXi6.7インストールしてみました。

ダウンロードはこちらから。
https://my.vmware.com/jp/web/vmware/evalcenter?p=free-esxi6


続いてリリースノートです。

ESXi6.7のリリースノート 


インストール、アップグレードする場合は、ハードウェアの互換性はチェックしておいたほうがいいですね。古い型番のサーバーはインストールできない可能性があります。どこかのブログでCPUの互換性だったかで、アップグレードできなかったということが書いてありました。



vSphere 6.5 のサポート対象プロセッサのうち、次のプロセッサは vSphere 6.7 ではサポートされません。
Xeon 31xx、33xx、34xx Lynnfield および Clarkdale、35xx および 36xx シリーズ
Xeon 52xx、54xx、55xx、56xx シリーズ
Xeon 65xx シリーズ
Xeon 75xx および 74xx シリーズ
i3/i5 Clarkdale シリーズ
i7-620LE プロセッサ シリーズ
各種の i3/i5/i7 Nehalem/Bloomfield/Clarksfield、Lynnfield、Clarkdale/Arrandale、Westmere/Gulftown シリーズ
AMD Barcelona、Shanghai、Champlain、Rana、Istanbul、Magny-Cours、Lisbon シリーズ
Opteron 13xx、23xx、24xx、41xx、61xx、83xx、84xx シリーズ
Athlon-II-X2 Champlain、Athlon-II-X3/X4 Rana シリーズ

vSphere 6.7 リリースは、vCenter Server for Windows の最後のリリースで、このリリースの後、vCenter Server for Windows は使用できなくなるそうです。最近は仮想アプライアンスが便利ですからね。


では、インストール手順です。
esxi000000


[Enter]キーを押します。
esxi000001

EULAの同意画面です。[F11]キーを押します。Accept and Continue
esxi000002


continueで[Enter]キーを押します。
esxi000003


キーボードのレイアウトです。日本語を選択します。Japaneseを選んでcontinue[Enter]キーを押します。
esxi000004


パスワードを入力します。確認で2回入力します。
esxi000005


2回入力したらcontinue[Enter]キーを押します。
esxi000006


Install [F11]キーを押します。
esxi000007


reboot [Enter]キーを押します。
esxi000008


再起動後、いつものログイン画面が表示されます。自宅のルーターからDHCPでアドレスを取得しています。
esxi000009


VMware Host Clientに接続する場合のURLは以下になります。

http://ESXi_IP/UI

ログイン画面です。ユーザー名は「root」でパスワードを入力、ログインを押します。
esxi000010


VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラムに参加は状況に合わせてチェックを外してOKを押します。
esxi000011


無事、ログインできました。
esxi000012


ESXiのインストールは簡単ですね。自宅のスモール環境なので、特に機能確認などしませんが、ちょっとお金を出してサーバーを購入して、vCenterを建てられるようにしたら面白いかもしれないですね。後、無償版ライセンスを入れて置けば、60日間の評価期間問題を回避できます。


今、会社通勤で買おうか迷っているオシャレなリュック。