b2b404d91009f1ca797b73be4f578fc3_s

今年の暑さは尋常じゃないですね~。もう少ししたら高気圧が重なっているのがなくなるので、少し暑さが弱まると言いますが、ほんとうでしょうかね。まだまだ暑い日が続きます。熱中症には注意してください。


さて、暑さ対策で水分をしっかりととってくださいとよく言われますが、これ、飲み方を間違えると大変なことになるそうなので、シェアします。元記事はこちら。

水飲み過ぎ注意!熱中症対策どころか「水中毒」―脳細胞むくんで死の危険


記事にもありますが、熱中症にならないためにたっぷり水を飲めといわれているけれど、取りすぎは逆によくないとあります。

「脳の細胞がむくんで、ひどい場合は死に至る」と池袋大谷クリニックの大谷義夫院長が「水中毒」に警鐘を鳴らす。

通常、人間の血液には水分と塩分がバランスよく存在しているが、短時間に多量に水分を摂取すると塩分濃度が低下し、バランスをとろうとして水分が細胞に流れ、これが脳で起こると脳浮腫で突然死することもあるという。つまり水中毒だ。

記事でも紹介されていますが、水中毒を体験したことがある50代の女性は、夏の旅行先で1時間に1.5リットルのペースで水分をとっていたところ、めまいや腹痛、吐き気を感じ、熱中症だと思ってさらに水を飲んだところ、体がけいれんし救急搬送され、水中毒と診断されたとのこと。


水中毒なんて言葉を初めて聞きました。1時間に1.5リットルは確かに飲みすぎかもしれませんね。以前、娘が風邪で吐いたことがあるんですが、熱もあって、病院では500mlを時間をかけてとってくださいと言われましたが、まさにそうですね。


また、あ経口補水液も飲み過ぎると塩分方で血圧上昇になるそうです。水中毒を防ぐためには、水分の取り方がポイントとなるそうですが、水は1時間100ミリリットル程度をこまめに飲むこととのこと。


正常時には水や麦茶でいいもが、汗をかいた時は塩分と糖分を含むスポーツドリンクを飲むようにしたほうがいいそうです。汗を大量にかいたり脱水症状が進んだりしたときは、経口補水液が適しているとのことですが、味が美味しくないんですよね・・・。やっぱりアクエリアス、ポカリスエットがいいですかね。

司会の国分太一「熱中症対策として、あらかじめ経口補水液を飲んでもいいのでしょうか」

医師で医療ジャーナリストの森田豊氏「いい質問です。経口補水液は塩分が多く、飲みすぎると高血圧の原因になってしまうので、熱中症の症状が出始めてから飲んでください」

こういった内容を知っても、中々、正しい熱中症対策ってできていないかもしれませんが、大量に汗をかいた場合は、ミネラルも失いますので、お茶や水よりも、スポーツドリンクが向いているかもしれません。そして、熱中症の症状が出始めたら経口補水液と、用途を分けて飲み分けるのがおすすめですね。