70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_s

地方に移住して思ったのですが、インフラエンジニアがとにかく少ないです。代わりにプログラマーの数が多いですね。福岡で働いている時も開発案件が圧倒的に多くて、、、と言いながら、インフラエンジニアの数も少ないので、どちらでも食べていけます。


また、この業界は人手不足と言われていますので、今から転職しても仕事は普通にあります。ただ、習得する技術などによっては給料が変わってくるかもしれません。


そして、開発の仕事を選ぶ際に、習得する言語はどれがいいのかという話になるかもしれませんが、2018年稼げるプログラム言語はGO言語だそうです。参照元はこちら。

プログラミング言語別の年収ランキング、1位は?


記事は、テレビCMでも有名な、ビズリーチが8月7日、「プログラミング言語別年収ランキング2018」(提示年収の中央値ベスト10)を発表したとのことで、稼げるランキングを紹介しています。


結果、ランキングは、1位「Go」、2位「Scala」、3位「Python」、4位「Kotlin」、5位「TypeScript」、6位「R」、7位「Ruby」、8位「Swift」、9位「Perl」、10位「C」という結果になった。とのこと。


1位のGO言語についての説明です。

1位のGoは、C言語の置き換えとして、Dockerなどの基盤ソフトウェアの開発で採用され、ツールの開発やWebサーバーでの活用など、さまざまな分野で利用されている。2018年のStack Overflowの年次レポートでも、最も愛されるプログラミング言語・スクリプト言語・マークアップ言語の5位にランクインしており、世界で人気の言語。学習の容易さと実用性の高さから開発者の間で急速に人気が上昇していると見られ、国内でもインターネット企業を中心に普及しているという。「求人数は昨年比で1.9倍に増加しており、今後もさらに注目されることが予想される」と同調査。


確かにコンテナ技術に伴い、GO言語というキーワードは見るようになりましたね。続いて、2位のScalaについては、

高い生産性と堅牢性を実現し、オブジェクト指向言語と関数型言語の特徴を併せ持った言語で、米Twitterや米LinkedInなどが利用していることで知られる。国内でもインターネット企業で「Scala」の採用企業が増えているのに対し、現在も扱える人材が少ないことから年収が高い言語といわれている。


そして、3位のPythonと6位のRは

研究機関の研究者やデータサイエンティストによく利用されており、機械学習や統計分析の活用が進むなか、さらに需要が高まると見られる。また、Pythonの求人数は昨年比で1.7倍に増加しているという。


と、人気言語が仕事が多いようですし、そういった角度から習得言語を選んでみるのもいいかもしれないですね。


また、この業界で仕事をする場合は、地方で働くか、東京で働くかで年収が大きく変わっていきます。私は東京ではフリーランスとして働いていませんが、知り合いのフリーランスエンジニアは月収100万円を超えていました。


やはり稼ぐなら間違いなく東京です。ただ、地方でもそこそこ稼げるので、地方で生活をしたいのか、稼ぎまくりたいかで選べばいいと思いますね。

お勧めのフリーランス案件を紹介してくれる会社


ちなみに、私がフリーランス時代に、世話になったのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。派遣だとどうしても給料が安くなるので、地方でも稼ぎたい!という方におすすめです。


東京だと月収75万円以上を実現できます。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

以下は私と同じインフラエンジニアの方ですね。なんと年収が900万円!これがエンジニアで頑張る醍醐味ですね。
インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円
インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)略歴 
4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。
経験スキル Linux、Cisco、AWS など

単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


私は地方でフリーランスの仕事がないと思っていたので、最初に派遣会社に勤めましたが、最初からフリーランスになっていれば、、、と今では思います。ちなみに、派遣時代の年収は、400万円以下です。


フリーランスになって、月額24万円→55万円に大幅アップしました。


働く場所によりますが、フリーランスになれば、残業時間などにもよりますが、700~800万円は稼げます。その代わり、自分で確定申告とか年金を支払う必要があるので、これくらいもらわないとね、、、という感じです。


派遣会社に勤めて、給料が安くて困っている方は、フリーランスになることで、大幅な収益アップを狙えます。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】