b1a66a07bc10a594fdccc5d8af2a265c_s

私は元々東京で働いていて、少し前に地方に移住したんですが、東京でも地方でも人手不足という話題はありますね。もちろん、業種にもよるかもしれませんが、人手不足で仕事がまわらない業種があるそうです。


以前、ニュース番組でもコメンテーターか発言していましたが、少子高齢化の影響で、現役世代が不足していく状況は今後も変わらないので、雇われる側が強くなるのではと発言していました。


確かに、働く側が企業を選ぶ時代になっているのかもしれません。今の時代の方が、昔に比べると自分のしたい仕事に就きやすくなっているかもしれません。私も色んな業種を経験して、今のシステムエンジニアの仕事に到達しました。


私は元々、地元で建築現場の日雇い作業員をしていたんですが、このままだとダメだということで、転職活動をしました。


当時はまだ結婚をしていませんでしたが、子供ができたりして考えるのは、将来を見据えて安定した仕事に就けてよかったです。そして、私の知り合いに、タクシーの運転手をしている人がいますが、稼げる人もいれば、稼げない人もいるそうです。


稼げる人は自分でルートを調べたり、顧客を作ったりして、工夫をしているそうで、話をしている時は、個人タクシーの為に勉強をしていると言っていました。とどんな仕事においても、人より稼ごうと思ったら頑張らないとダメですね。


そして、タクシーの運転手という仕事を知って、ちょっとやりたいな~と思った時期もあるのですが、その理由が、自分のペースで仕事ができるからです。今の仕事は自分ひとりで仕事を進めることができないので、色々と調整、確認が大変で、精神的につらい時があります。


タクシーの運転手という仕事も魅力がある反面、給料があんまり安定しないとか、労働時間が長いとか、家族と休みが合わないとか、色々とデメリットと言われるところがあります。


そこで、運転手の仕事を続けながら、仕事の安定性を求める方におすすめなのが「専属運転手」です。専属運転手、専属ドライバーとは、企業や社長・役員の専属運転手として働くことで、タクシードライバーと違い、安定した収入を稼ぐことができます。


では、実際にタクシードライバーとどういった違いがあるのかと思いますよね。そこで、専属運転手について詳しく説明されたサイトがあるので紹介します。

 ⇒専属運転手の募集と求人の選び方完全攻略


こちらのサイトは、専属運転手の募集と求人の選び方について詳しく説明されたサイトになります。これから専属運転手に転職を考えている方、この仕事に興味がある方に有用な情報がたくさん書かれています。


まず、その特徴をサイトより抜粋しましたが、タクシーの運転手との違いがわかりやすく書かれています。

〇会社役員や社長お付きの専属運転手
タクシーのように歩合給で仕事の成果をあげなければいけないというプレッシャーはなくなり、普段乗せる人も変わらないので接客を気にすることもなく、運転に集中できます。


ここがとても重要かもしれません。タクシー運転手の場合、歩合給という仕事の仕方がちょっと不安定と感じる人が多いかと思います。もちろん、稼げるときもありますが、稼げない時もあり、安定しないですよね。専属運転手であれば、そういった収入の増減がないので、そういったストレスが軽減されます。


また、書かれている通り、乗せる人が変わらないので、初見の色んな人と会話をするストレスを感じている方には専属運転手のほうがよさそうですね。
 

〇勤務時間、勤務日は

勤務時間、勤務日は役員の方に合わせることになりますが、1日8時間、平日5日間だけの勤務になるのがほとんどで、労働者として使い倒されるような事はほとんどありません。


ここもタクシーの運転手と大きく違う点ですね。また、色々と調べると分かりますが、1日8時間働きっぱなしというわけでもないですし、当然、待ち時間もできるので、自分で時間を上手に活用することも可能です。そして、当然、その間も給与が発生するのがいいですね。
 

〇専属運転手として働く場合

専属運転手として働く場合、勤務日数と健康面、給料などの稼ぎをトータルで比較して勤務する人、会社を選ぶようにしましょう。


こちらも色々と調べると、会社によって給料が様々ですし、それほど給与が高くないケースもあれば、こんなに稼げるの?という募集もありますので、自分にあった仕事内容で、上記にあるようなポイントでサーチするといいかもしれません。

専属運転手は車を運転する以外の仕事もある



専属運転手は車を運転する以外の仕事もあるそうです。
運転だけをするという専属運転手もいますが、たいていは日程管理やちょっとした秘書業務を行うことも多いため、社長秘書として運転もするというイメージでいるとより現場の様子に近いでしょう。

求人をチェックすると、運転手以外の仕事もすることが多いです。ただ、仕事の幅を広げるという意味でもいい経験になるのではないかと思います。


ちなみに、この仕事へ転職する方は、タクシーの運転手の仕事に、体力的に苦労を感じることが増えたり、家族のことを考えて、生活が不規則にならない時間に働ける仕事を探しているような方に注目されています。


また、働き方が安定したこともあり、家族との時間をつくりやすくなり、土日休みということで、家族にも喜ばれることが多いそうです。休みが合えば、家族で外出とか、旅行もできますからね。


まとめ



簡単にサイトを通じて、専属運転手の仕事についてご紹介しましたが、サイトはかなり詳しくこの仕事について説明されていますので、一読されることをおすすめします。


専属運転手の仕事に興味がある、転職を考えているという方は、是非、サイトをチェックしてみてください。


 ⇒専属運転手の募集と求人の選び方完全攻略