c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

今は地元でインフラエンジニアとして仕事をしていますが、この仕事を選んでよかったと思う点がいくつもあります。一つは技術や経験を活かして、全国どこでも仕事ができるということです。多くは東京での仕事になりますが、ここ数年は地方に移住して地方での仕事、生活を満喫しています。


そして、この業界の仕事は幅広く、仕事も多いので、仕事に困るといことは少ないと感じています。実際、東京で働いている時も、地方で働いている時も人材不足が言われいて、むしろ仕事が多すぎてまわせていないという現状もあるかもしれません。


また、私はインフラエンジニアをしていますが、地方は比較的、開発プログラマーが多い印象があります。インフラエンジニアの仕事としては、以前は、地方は東京と違って、新しい仕組みを導入するのが遅れている印象がありましたが、最近はそんなことはなく、地方にしても多くの経験ができるようになっています。


開発チームとも連携して仕事することがあるので、話を聞くと、言語については、地方、東京で特色が違うそうです。ということで、やはり、一つの言語より、複数の言語が使えるほうが仕事がもらいやすくなる傾向があります。


ということで、まだまだ稼ぎやすい業界なんですが、働き方も色々とあって、会社員として働くケースもあれば、フリーランスとして働くケースもあります。


どちらの働き方がいいかというと、人によって変わるかもしれません。例えば、高い報酬が欲しい場合は、会社員よりフリーランスのエンジンがのほうが稼げる可能性が高いです。


実際、私はどちらも経験していますが、フリーランスエンジニア時代のほうが稼げていました。少なくとも月収で10万~20万円くらいの差額がでると思います。会社員の方が仕事で月収10万円~20万円を増やすのは容易ではないと思いますので、すぐに収入を増やしたい方におすすめの働き方です。


未経験からフリーランスエンジニアになって稼ぐことは可能か?



続いて、未経験からフリーランスエンジニアになって稼ぐことは可能か?とうことですが、正直、未経験からいきなりフリーランスエンジニアになるのはおすすめしませんし、仕事の獲得が難しいと思います。


その為、ある程度、会社員となって経験を積んでからフリーランスエンジニアに転身するのが一番スムーズだと思います。私自身、特にスキルが高いというわけではありませんが、ネットワーク、サーバーと幅広い経験をしている為、重宝がられるので、フリーランス時代にも仕事をもらいやすく、仕事に困ったことがありません。

 
同様に私の周りのフリーランスも、会社員から転身している人が多いです。また、フリーランスと言っても、会社と直接契約しているのではなく、エージェント会社を間に挟んで契約することが多いのと、エージェント会社は色んな企業とつながりがあるので、仕事に困ることもあまりありません。


特に東京は仕事がたくさんあるので、仕事が選びたい放題という側面もあります。地方は東京と比較すると仕事が少ないですが、それでも、仕事が途切れるということはなかったです。


話を元に戻しますが、未経験からいきなりフリーランススタートしても、経験数が少ない為、仕事がもらえるチャンスが少ないと思います。単価を下げれば、仕事がもらえるかもしれませんが、単価が低いと稼げるというフリーランスのメリットが失われるため、やはり、経験数、スキルがものを言う世界だと思います。


一方で、未経験という意味では、私も20代後半で業界未経験からフリーランスエンジニアに転身しているので、ある程度、経験を積めばフリーランスエンジニアに転身することも十分可能です。


フリーランスエンジニアになって稼ぐ際に、おすすめの求人サービス



先ほども書いた通り、フリーランスとして活動するにはエージェント会社を経由して仕事をすることが多いのですが、当然、色んな会社があります。


ネットで検索をかけると色んな企業がヒットするのでどれがいいのか分からない人が多いと思います。そこで、ITエンジニアのフリーランスを検討している方におすすめのサイトがあるので紹介します。


こちらのサイトです。

★フリーランスエンジニアになるには|未経験からの転職

https://www.freelance-engineer.info/


サイトでは、ITエンジニアとしてフリーランスになって独立する為の方法とおすすめの求人サイトを紹介しています。


今の時代、これだけできるだと弱くて、流行り、色んなことができるほうが重宝がられる時代です。サイトにも書かれていますが、特に開発の場合は、一つの言語ではなく、複数の言語が扱える方が仕事がもらいやすいです。

ITエンジニアとしてフリーランスになって成功するには、一つのプログラム言語だけではなく、複数の言語を扱える必要があります。HTMLだけでは足りないので、CSS、Javascriptが扱えるとどんな動的なウェブサイトでも作れるようになるでしょう。ときにはWebGLというようなウェブデザインのもっと深い所まで学んでいくのが魅力的で、新たに色々学んでいくのが何よりも大切です。

ただ、色んな職場で新しい案件、業務につけば必然的に新しい言語、技術を習得できるので、苦手意識をもたずにドンドン、新しい技術を経験することが仕事を継続することにもつながります。


私のようなインフラエンジニアの場合は、企業に入って仕事をすることが多いですが、開発系の場合は、自宅で仕事をするケースもあり、自分のペースで仕事ができるなんて魅力的な側面もあります。ただ、自分のペースで仕事をする場合は、自己管理が重要になってきますので、どちらがいいのは自分次第かもしれません。


ITエンジニアとしてフリーランスになって独立するには、プログラムに対する知識と実績、作業経験が必要ですが、収入は上がる可能性が高いので、高収入を得たいかたにおすすめの働き方です。


よく言われる、フリーランスになると仕事がなくなるのが不安という方もいますが、しっかりと経験を積んでいれば、今は人材不足で、それは今後のも続くので仕事がないということは少ないと思います。


フリーランスエンジニアになって高収入を得たい方は、サイトでチェックしてみてください。

★フリーランスエンジニアになるには|未経験からの転職

https://www.freelance-engineer.info/