フリーで使えるwikiサービスのGrowiですが、何が便利かというと検索ができる点です。エクセルやワードなどで資料を管理していたら、必要な情報を探すのが大変ということがよくありますが、wikiに情報を集めることで検索がしやすくなります。


まさに業務効率アップです。ということで、会社での情報共有、とくに小規模の会社なら特にですが、情報共有が重要なので、wikiはおすすめです。


また、私のようにシステムエンジニアをしていたら、どちらかというと引継ぎとか後の人の為に情報を残すことに意味があります。


話を戻して、Growiでタイトル検索ができるのは知っていましたが、本文検索ってできるのかと思ったら、検索ボックスでタイトルになくても本文検索できるようです。以下のようなメッセージが表示されていました。

「No matches found on title... Hit[Enter]key so that search on contents」


タイトル検索で表示されていないですが、そのままエンターキーを押したら、本文検索ができます。