Googleの検索エンジンとしてのクオリティが低いと言われていますが、いらない情報とか、検索すると広告がトップにくるサイトとか平気で上位に表示されて、何をもって検索アルゴリズムを作っているのか不明ですね。


アルゴリズムアップデートする前にしっかりと検証してもらいたいくらいの品質ですが、あるツイートで、グーグルで検索をしても欲しい情報が入手できないから、ツイッターで検索したほうが早いとありましたが、まさにその通りですね。


ツイッターは検索が素直なので、変にSEO対策したサイトなどが上に来ないので、確かに便利で、私もよく使っています。


この現在のクオリティだと欲しい情報を見つけるまでに時間がかかって仕方がなくて、社会に与える影響が大きいのですよね。


ということで、そろそろグーグルではない新しい検索エンジンが登場して欲しいと願っています。先日も医療系の情報を探していたらトップのサイトが広告ばかりのサイトで、まぁ見ずらい。


こんなサイトが平気でトップにきているのはグーグルの検索エンジンの評価の仕方がダメということですね。2018年はツイッターの検索が意外と便利でおすすめです。


ちなみに、、、グーグルはサイト評価を重きにおいていて、ダメなサイトを評価していることがあって、これまたダメなんですよね。


というか、日本のブラウザで検索しているのに中国語のサイトをトップに表示させるのはやめてほしい。