802fba9ec3875ebae6e009c2b644cae4_s

先日、新しいWindows 10のバージョンのアップデート情報がきたので、アップデートしようと思っていましたが、なんと不具合があるようです。


参考元はITメディアのサイト。他のニュースサイトなどでもこの不具合についてアップされています。


記事によると、米Microsoftは10月6日(現地時間)、2日に開始した「Windows 10 October 2018 Update」の提供を一時的に停止したそうで、アップデート後に幾つかのファイルが消えたというユーザーからの報告について調査するためとしているとのこと。


以下は抜粋。
Microsoftのコミュニティには5日に、「バージョン1809へのアップデートは問題なく完了したが、「ドキュメント」フォルダ内のファイルがすべて消えてしまった。バックアップはとっていたが、これは非常に問題だ」という投稿があり、「同じ質問がある」の数は本稿執筆現在369件に上る。

Windows 10の大型アップデートは、前回の「April 2018 Update」からAIを採用した手法を使っており、安全なアップデートが可能だとAIが判断した端末からアップデートを提供している。だが、MicrosoftのWindowsのダウンロードページから最新のWindowsを手動でダウンロード・インストールすることも可能だ。

やっぱりパッチ適用は問題がいつでも起こりうるというのはいつの時代も変わらないですね。現在は、不具合が消えるまでアップデートできないようになっているようですが、こういった問題が発生するので、適用には段階をおくことが重要ですね。


しかし、ファイルを削除する不具合って怖いですね・・・。自宅のパソコンでもありえないですが、業務データが消えたらシャレにならない場合もあるので、普段からデータのバックアップも大切ですね。


そろそろディスクもいっぱいなので、データのバックアップも含めてNASの購入を検討しています。