1cfbf8090899600e7445a9c7684c2bd2_s

先日、たまたまテレビを見ていたら障害者を雇用していたあじさいグループが起こした問題について報じていました。


これは、倉敷市のあじさいグループが、倉敷市と高松市で障害者が働く就労継続支援A型事業所6カ所を経営難から閉鎖したわけですが、その後、解雇された障害者の何人かは仕事が見つかっていないという内容でした。


こういったニュースを見ることで、世の中で起きている信じられないことを知る機会を得るわけですが、解雇された方は、自分たちをお金稼ぎの道具としてしか見ていなかったと発言していました。


実際に、国から助成金をもらうために、勤怠を勝手に調整したりしていたそうで、やっていたことは障害者の為ではなく、自分たちの私利私欲のために会社を運営していたとうことになります。当然ながら、健全者よりも障害があるほうが仕事を見つけるのは難しいでしょうし、今回のように悪徳企業に就職してしまうと、次の転職が難しくなっていくかもしれません。


今、日本は少子高齢化により人材が不足しています。むしろ、適材適所の仕事があれば、今の日本にとって重要な労働力になります。ニュースで残念だった内容として、国からの補助金をもらうためだけに仕事を作っていたので、スキルになうような仕事をさせていなかったそうで、そこでの経験は履歴書に書いても意味がないと、働いていた方が言っていました。


通常生活をしていて、こういったニュースを知ることで、世の中にはまともに仕事にもつけない人もいて困っていることを知ることができます。今の日本は助け合う意識が重要になります。


普段生活をしていると、こういった情報が中々耳に入ることはないかもしれませんが、いざ、そういったニュースなどを見た時に、自分たちにできることはないかと考えるかもしれません。


そこで、大人の発達障害の方々に対して、支援を行うための社団法人を立ち上げるプロジェクトがあり、まだまだ社会の理解が進んでいない発達障害の方々のために、スキルアップの促進や、就労支援、制度の活用支援、メンタルケア、駆け込み寺の運営を中心として行ってく為の、クラウドファンディングが起ち上っています。

 ⇒発達障害の方とそのご家族の支援のため社団法人を立ち上げたい!


サイトを見てもらうと分かりますが、まず、プロジェクトメンバーそれぞれが、発達障害に対して、今まで何らかの関わりや支援を受ける側であったそうです。つまり、上述したようなものではなく、本当の意味で発達障害に対して何かしら力になれないかと考えてこのプロジェクトを考えています。


そして、今度はそれを社会のみなさまに還元していきたい、という強い思いがあります。私もブログで自信について書いていますが、私は元々、10代は小児喘息とネフローゼ症候群で、入退院を繰り返して、将来なんていいものとはとても思えませんでした。


ただ、適切な治療によって、20代以降は再発することなく、普通の生活が遅れていますが、10代の頃は、病気のせいでマイナス思考になって、ネガティブな人間になっていました。しかし、色んな人との出会いで今は、毎日、楽しく過ごせるようになりました。


人は出会い、環境によって大きく変わると信じています。だから、こういった熱い想いを持った人たちこそが、正しい環境を作ってくるような気がします。


発達障害の方と家族の方の為になる働き方改革



発達障害の方と家族の方の為になる働き方改革が必要なんだと感じます。私は病気をしたからこそ、病気の辛さを理解していますし、人の痛みもわかる気がします。一方で、世の中には、そうではない人がたくさんいます。


それは自分自身が経験をしていないからだと思います。このプロジェクトは、今まで何らかの関わりや支援を受ける側であった人たちの強い想いによって立ち上がっています。だからこそ、当事者意識をもって運営してくれることは間違いないでしょう。


というよりも、個人的にはこういった人が支援をしてくれるほうが間違いなくいい職場環境にないますよね。また、サイトを見てもらえばわかりますが、プロジェクトを成功させるために、いろいろと考えられています。


以下はサイトの抜粋になりますが、この文面だけで想いが伝わるのではないでしょうか。

一期一会――出会いによって人は、また別の新たな道が切り拓けるというコンセプトのもと、私たちがこの出会いで得た思いをカタチとするために、このプロジェクトチームを立ち上げました。

そして広く社会において活動していくにあたって、まず法人化、特にこの分野においてはより公益性の高い社団法人の設立が最適と考えました。
 
しかしそのためには少なからず設立資金が必要となります。そこでこれらに共感していただける全てのかたに、ぜひ私たちの下記のビジョンへご支援いただきたいと思います。

サイトにもありますが、発達障害の方々は数々の個性や才能に恵まれながらも、そのスキルが追いついていなかったり機会に恵まれないために、現代社会とのすれ違いという不幸が起きているそうです。そういった実情を分かっている方こそが、本当に必要なサポートができると思うのです。


202b5e0a199ac681d2fc37ba709b0ef9_s


事業の概要



事業の概要の一部抜粋になります。


自分たちが経験しているからこそ、実情を考えた課題についての解決策が考えれています。

■課題:学習機会の減少。理想の就労環境に就けない。
◆解決策=学習/就労サポート
会員制のオンラインサロンを介して、一日の中のスキマ時間を利用したITスキルおよびヒューマンスキルの向上をバックアップすると共に、各個人の夢に向かうための支援や指導を行います。

詳細はサイトを見ていただきたいですが、課題について色々と検討されていることが分かると思います。


私はどんなことも想いが強ければ実現すると思っています。このプロジェクトもまさにそうですね。発達障害の方と家族を支援していきたい!そんな想いが詰まったプロジェクトを少しでも支えられるように、多くの人にこのプロジェクトを知ってもらいたいと思っています。

 ⇒発達障害の方とそのご家族の支援のため社団法人を立ち上げたい!