福岡と言えば明太子ですよね。私も福岡に住んでいるころはよく食べていましたし、その影響でいまでもたまに食卓に並ぶことがあります。


そして、博多明太子のふくやが鳴海屋を買収!コスト削減でお求めやすくなったらいいですね。元記事はこちら。

明太子の「ふくや」、同業の「鳴海屋」を買収


記事によると、めんたいこ製造大手のふくや(福岡市、川原武浩社長)の持ち株会社、かわとし(同)は29日、同じめんたいこ製造の鳴海屋(福岡市、北島将三社長)を買収したと発表したとのこと。

 工場を集約したり、材料を共同で仕入れたりして、コスト削減などを進める。

 かわとしが27日付で鳴海屋の全株式を取得した。取得金額は非公表。贈答用などめんたいこの需要が減る中、人手不足などの課題もあり、連携して対応する。両社の社名やブランド名は維持し、合併予定もないという。2018年3月期決算の売上高は、ふくやが約150億円、鳴海屋が約25億円だった。

両社の社名やブランド名は維持するとのことで、いいところは活用してよくなればいいですね。

原材料・成分
すけとうだら卵(ロシア又は米国)、食塩、香辛料、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、ナイアシン、着色料(赤102、黄5、赤3)、発色剤(亜硝酸Na)、酵素