吸わない方はたばこのにおいが苦手ということが多いと思いますが、たばこのにおいって吸わないひとからしたら結構、きついという方が多いと思います。その為、マンションなどではベランダの喫煙が問題になることが多いですよね。


そして、だんだんと煙草が吸える場所が減っているのですが、東京都内のセブンイレブンで灰皿撤去されるそうで、喫煙者は吸えるコンビニが減ることになります。


元記事はこちら。

都内のセブン、灰皿撤去へ 受動喫煙対策で加盟店に要請


以下は記事の抜粋です。

セブン―イレブン・ジャパンが東京都内のフランチャイズ加盟店に対し、店頭にある灰皿の撤去を要請していることが1日、分かった。実際に撤去するかは各加盟店の判断によるが、撤去する場合は3日から順次、店頭で撤去時期などの告知が掲出される。来店客や近隣住民から苦情が増えているため、受動喫煙対策として対応に乗り出した。

 加盟店のオーナーには事前に説明した。6月に東京都議会で受動喫煙防止条例が成立して以降、店頭の灰皿撤去を求める声が増えていたという。マンションの1階にある店舗で、上階の住民から苦情が寄せられた例もあった。

強制ではないので、すべてのセブンイレブンからなくなるわけではありませんが、これでドンドン減っていく傾向にあるでしょうね。セブンイレブンが実施することで、その他のコンビニも続く可能性はあるので、喫煙者はさらに厳しくなるかもしれないですね。