職場によっては使っているブラウザは様々だと思いますが、個人的にはGoogleChromeが一番好きです。やっぱり使い慣れたものがいいのですが、会社の場合は、IEを使う事が多いのではないでしょうか。


ただ、Windows10からはEdgeを使う機会もあるかもしれませんが、EdgeがでてもIEを使い続けていることが多いのはWEBアプリケーションが動作しないというのもあるかもしれません。


少なくともEdgeを使っている人はあまり見ないですし、実際に私も自宅ではEdgeは使っていません。そこで、Microsoft 不人気Edgeに代わるChromiumを使った新ブラウザAnaheimを開発しているというニュース記事があるので紹介します。

MicrosoftがEdgeに代わり、Chromuimベースの新ブラウザを開発中とのうわさ


Windows 10の標準ブラウザであるEdgeは、人気ブラウザのChromeよりもメモリ消費量が少なく、またWindows 10のタイムライン機能にも対応するなど、それなりのメリットもあるそうです。


ただ、シェアは低迷が続いており、WEBで使用されるブラウザやOSのシェアを調査しているNet MarketShareによると、11月のシェアは4%ほどに留まるそうです。4%も使っているだと逆にびっくりしたんですが。


そして、Edgeに代わり、Chromeも採用するオープンソースのレンダリングエンジンであるChromiumを使った新ブラウザ、コードネームAnaheimを開発しているとMicrosoftの動向に詳しいテックメディアWindows Centralが報じているとのこと。

Microsoftの情報に詳しいWalking Catによると、Edgeはもともと複数のレンダリングエンジンに対応しているとのこと。これは、初期にIEとEdge、2つのレンダリングエンジンをサポートするために使われていたようです。

このためEdgeのUIのままChromiumを採用するのか、まったく新しいブラウザとなるのかは定かではありません。登場時期も不明ですが、Windows Centralは、2019年第1四半期にWindows InsiderのFastリングで登場するのを期待するとしています。

やっぱりブラウザは軽さだけでなく使いやすさ、UIも重要なので、このあたりも考慮してもらえると使うようになるかもしれないですね。次こそは期待したいですね。